フランス

モレニータ (ボナ)

DSC_5812-1
1884年創業、フランスでも数少ないカカオ豆からチョコレート作りを手がける老舗「BONNAT/ボナ」

6代目のステファン・ボナ氏はカカオへの造詣も深く、一年の内半年ほどはカカオ生産国へ足を運び、生産者との関係を築き、発酵や乾燥をはじめ、品質向上における取り組みをされています。

ボナのタブレットは、シングルオリジンだけでも26種類。フレーバーものも含めると56種類ものラインナップがあります。

今回は新作の”ダークミルク”を選びました。

続きを読む

セルヴァ・マヤ (ボナ)

DSC_3189-1
1884年創業、フランスでも数少ないカカオ豆からチョコレート作りを手がける老舗「BONNAT/ボナ」

様々なバリエーションを揃えるボナのタブレットは、基本的に同じ絵柄で、カラーで違いを表していますが、こちらの「SELVA MAYA/セルヴァ・マヤ」は、初となる”ピラミッド柄”のパッケージ。

非常に希少なカカオを使用することの現れでしょう。



続きを読む

シトロン・ノワール(ベルナシオン)

DSC_3217-1
1953年創業、フランスの老舗パティスリー&ショコラトリー
BERNACHON/ベルナシオン
現在は3代目のフィリップ・ベルナシオン氏が伝統の味を守っています。

今年初登場、レモンを組み合わせたタブレットです。


続きを読む

カカオフェルメントシロップ (エリタージュ)

DSC_2490-1
カカオ豆の発酵から乾燥まで手がけたカカオでチョコレートを作るBean to Bar「ERITHAJ/エリタージュ」

ベトナムのベンチェ省にカカオ発酵施設を持ち、カカオを地元小農家から購入し持続可能なチョコレート作りを実践しています。

今回は大変珍しい商品。
カカオ豆を発酵させる時にできるカカオ果汁を煮詰めてできるシロップです。

続きを読む

LA SABANA70% (Ara Chocolat )

DSC_1409-1
2014年、ヴェネズエラ出身のアンドレスさんとサブリナさんにより生まれた、フランスのチョコレート「Ara Chocolat 」
現在パリにお店を構えており、アンドレスさんはこのお店を始める前にショコラティエとして10年の経験を持っています。


続きを読む
■お知らせ
4月22日(日)
京都市北区・上賀茂神社境内で開催される「上賀茂手づくり市」にBENCINYとして出店します。
9:00〜16:00予定(雨天決行)

産地別の割れチョコ、通常のタブレットなどを販売させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。



【チョコレート検索】

Categories
プロフィール




22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
営業日:金・土・日・月曜
営業時間:12時〜17時

第2、第4土曜日は、私もお店で販売させていただきます。
チョコレート好きな皆様、お待ちしております。











Recent Comments
Archives