ChocoReko

76%ザクロ (ChocoReko)

15
ローチョコレート専門店「ChocoReko/チョコレコ」さん。

阪急のタブレットミュージアムで見つけて購入したものです。

431
カラフルタブレットから、「76%ザクロ」

こちらのシリーズはまず見た目がキレイですね。

鮮やかな色は、いずれも天然食材(ラズベリーパウダー、ザクロパウダーなど)で色づけされています。
植物油、乳製品、レシチンなどの乳化剤は一切無添加です。


15-1
裏側にはフリーズドライのラズベリーとブルーベリーをトッピング。


001
カカオ含有率は76%と高い数字ですが、それを思わせないソフトな味。

ナチュラルなフルーツ感とカカオのほろ苦さ。ザクロの心地よい酸味も広がります。
ザクザクした食感ながら、徐々にしっとりまろやかに。
丁寧な手作業によるローチョコならではの食感ですね。


通常のローストをしないローチョコレートはカカオのクセを感じてしまうものも多い中、このシリーズは様々な素材のバランスで後味まで優しさを感じさせます。


名称チョコレート
原材料カカオバター**、カカオパウダー**、パームシュガー**、ザクロパウダー*、フリーズドライラズベリー、フリーズドライブルーベリー、生カシューナッツ**、ラズベリーパウダー、ザクロエクストラクト、 塩
**JAS認定オーガニック *海外認定オーガニック
内容量一個
価格1340円(税込)
Webサイトhttp://chocoreko.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ローチョコレート ルクマキャラメル (Choco Reko)

DSC05311-2
日本発のローチョコレートブランド「ChocoReko/チョコレコ」さん。

私が執筆させていただいてる「グリッティ」さんでは、見た目も華やかなカラフルタブレットの記事を書きました。

こちらではちょっと珍しいタイプのホワイトチョコレートをご紹介。

DSC05317-2
「Lucuma Caramel / ルクマキャラメル」

まず原材料を見てみると、
”有機カカオバター、有機パームシュガー、ルクマパウダー、生玄米プロテインパウダー、バニラパウダー、塩”
通常のローチョコで使用する”カカオパウダー(一部商品ではカカオ豆)”を含まないためホワイトチョコに分類されると思うのですが、ミルクなどの乳製品は含まれておりません。

そこで使用しているのがルクマ
南米ペルー原産の果実、ルクマの実をフリーズドライのパウダーにしたものを練り込んであります。
ローチョコレートならではの素材使いですね。

DSC05321-2
素材の味はあっさりめと思いきや、じわ〜っと広がるキャラメル感。
乳製品が入ってないのに不思議とキャラメルのような風味がします。
甘さも控えめ。

ローチョコレートは食感も独特。
一般的なチョコレートに比べると粒子が粗めです。しかし口の中でゆっくり味わうと、とってもスムーズでなめらかなくちどけ。
この食感も温かみや素朴さがあって味わい深いですね。


名称チョコレート
原材料有機カカオバター、有機パームシュガー、ルクマパウダー、生玄米プロテインパウダー、バニラパウダー、塩
内容量一個
価格1404円
Webサイトhttp://chocoreko.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

Raw Bean to Bar 4種セット (ChocoReko)

chocoreko
先週のイベント「Tokyo Chocolate Salon 2013 ~Bean to Bar experience~」で購入したチョコレート。

ローチョコレート専門店「ChocoReko/チョコレコ」さんのタブレットです。


チョコレコ
「ペルー」「ドミニカ」「ボリビア」「ベネズエラ」
4つの産地のカカオを食べ比べできるセット。


この内、「ドミニカ」はイベントで行われたテイスティングセッションでも試食しました。

6種類のチョコレートで唯一カカオをローストしていないチョコレコさんは個性も強かったため、同じテーブル内でも賛否両論分かれていました。

ただ個人的にはすごく好印象。
他のチョコレートに比べ、食前に感じる香りが弱かったのですが、食べているときのソフトな口あたりやナチュラルな香りが良かったです。

ペルー
1枚28g。小振りなサイズです。


改めて感じるのは、口に入れたときの感覚が何とも言えない心地よさですね。
スーッと体に馴染むというか、とても優しい印象をうけます。

ローチョコ

「ペルー クリオロ種 オーガニック」
柑橘系の爽やかな香り。
フルーティーな中にも苦味が続きますが、後味はスッキリ。

粒子もきめ細かくなめらかなくちどけです。


「ボリビア クリオロ/トリニタリオ種 オーガニック」
野菜っぽい香りがします。
ほのかなスパイシーさに加え、土や自然を感じる特徴的な香りです。


「ベネズエラ オクマーレ」
ワインのような華やかさ。新鮮なナッツの風味も。
酸味や苦味がありつつ、まろやかで優しい味にまとまっています。
バランスのとれた上質な味わいですね。


「ドミニカ オーガニック」
フルーティな香りがふわっと。軽やかで勢いがあります。
中盤からはクリームを思わせるまろやかさも。
表情豊かなカカオです。


原材料は最小限のものしか使用していないので、カカオの風味が引き立っていますね。
それぞれの違いがはっきりしてます。

raw choco
私もローチョコレートに関しては初心者ですが、食べるごとに魅力を感じています。
今後のチョコ選びの選択肢に加わりそうです。


名称ローチョコレート
原材料カカオ豆、有機パームシュガー、有機カカオバター
内容量28g×4枚
価格4000円
お取り寄せ可http://chocoreko.com/item/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives

マルイウェブチャネル