Chocolate NAIVE(リトアニア)

HOPS (Chocolate NAIVE)

DSC_4063-1
2011年創業、バルト三国のひとつリトアニア発のBean to Bar。
「Chocolate NAIVE/チョコレートナイーブ」

カカオの個性をそのまま引き出すシングルオリジンだけでなく、リトアニア産の素材を積極的に取り入れるのが特徴。
他では味わえない、独創的なチョコレートを発信しています。


続きを読む

マヤ・レッド (Chocolate NAIVE)

DSC03788-1
バルト三国のひとつリトアニア発のBean to Bar
「Chocolate NAIVE/チョコレートナイーブ」

2011年の創業以来、小規模ながら上質なチョコレートを作り続け、2014年にはリトアニアの首都ヴィリニュスに路面店をオープン。
国際的なアワードでも数々の賞を受賞しています。

続きを読む

ポルチーニ ダークミルクチョコレート (Chocolate NAIVE)

30
自然豊かなリトアニアを拠点としたBean to Barチョコレート工房。
「Chocolate NAIVE/チョコレートナイーブ」

ナイーブのチョコレートは、カカオへのこだわりの他に、リトアニアのならではの素材をブレンドしているのも特徴。

注目の新作は、なんと”ポルチーニ”です。

19
ナイーブのパッケージは、カラフルなノートのようなデザイン。そして製造工程の情報が表記されているのが1つの特徴ですが、こちらは他のラインアップと少し趣が異なり、ローストやコンチングに関する記載はなく、シンプルに白でまとめてあります。



03
開封した瞬間から独特の香りが漂っています。

”ポルチーニ”という大変珍しいフレーバー。
そしてもう一つ注目したいのが、ベースとなるのはカカオ67%以上のミルクチョコレート


最近注目されつつある、”ダークミルクチョコレート”
カカオの香りを前面にだし、ミルクの風味も味わえる。
このタイプは、ダークチョコレート初心者にも入りやすく、ダークチョコレートを食べ慣れている人には新鮮な味わいを与えてくれる。そんな存在。

以前紹介したジャワ/パプアニューギニア53%と高めの含有率でした。
ダークミルクは今後も増えてくると思います。


521
ポルチーニの香りがとってもユニーク!
まるでチーズのようなコク。独特のきのこの香りがしっかりします。

ミルクの味わいもありつつ、爽やかな酸味をまとったカカオも力強いです。
それぞれが入り交じる複雑な味ですが、どこか穏やかな雰囲気を持つのがナイーブらしいですね。

きのこが自然に溶け込んでいるのが不思議です。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、砂糖、カカオバター、脱脂粉乳、乾燥ポルチー二茸、バター、レシチン(遺伝子組み換えでない大豆由来)
内容量70g
原産国リトアニア
輸入者合同会社TA-WA
価格1620円(税込)
Webサイトhttp://chocolatenaive.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ミルクチョコレート ジャワ/パプアニューギニア (Chocolate NAIVE)

44
前回に続き、リトアニア発のチョコレート「ナイーブ」から、
ミルクチョコレートをご紹介。


まずはパッケージを見て、どのように作られたチョコレートかを勉強です。

カカオ分:53%
カカオの産地:ジャワ/パプアニューギニア産
品種:クリオロ種 /フォラステロ種
コンチング:60時間
ローストレベル:ライト



ミルクチョコレートですが、カカオ分は高めですね。
使用するカカオも品種の違うものを混合し、コンチングも長めに行われています。


18
”NAIVE”のロゴが入ったおしゃれなデザイン。

前回紹介した30gサイズでは、ロゴの入らないモールドを使用していますが、やはりナイーブといえばこの形でしょう。
お値段は少々張りますが、こちらの70gサイズを選びたいところです。

461
フルーティーでスッキリした香り。
ミルクチョコレートとは思えないカカオ感です!
フレッシュささえ感じるフルーツ感は軽めのローストも影響していそう。

まろやかでクリーミーではあるものの、ミルクは脇役といった印象。
また、ほんのり塩が効き、甘みが引き立ってますね。
くちどけもなめらかな仕上がり。

と・・様々な工夫がみられる個性派ミルクチョコレートです。
53%という数字以上にカカオを実感できるでしょう。


ふと思い出したのは、ドモーリの「ラッテサル」。
カカオの主張、ミルクとのバランス、塩加減など、私が食べてきたミルクチョコレートでは特別な存在でもあるラッテサルですが、どこかそれを思わせるものがありました。

味が似ているわけではありませんが、ミルクチョコレートの意外な一面を見せてくれる。そんなタブレットだと思います。


名称チョコレート
原材料砂糖、カカオバター、カカオ豆、全粉乳、海塩、大豆レシチン(遺伝子組み換えでない)
内容量70g
原産国リトアニア
価格1404円(LT shop
Webサイトhttp://chocolatenaive.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ニカラグア ニカリソ 70% (Chocolate NAIVE)

211
リトアニア発のBean to Barブランド
「Chocolate NAIVE/チョコレート ナイーブ」

少し前にグリッティさんの記事で、リトアニアの素材を巧妙に取り入れた8種のBOXについて書かせていただきました。

こちらではいつものようにピュアなダークチョコレートを紹介します。

35


パッケージにはチョコレートをより深く味わうための情報がオシャレに書かれています。

カカオ分:70%
カカオの産地:ニカラグア産
品種:クリオロ種
ローストレベル:ミディアム


ローストについて書かれてあるものは珍しいですね。
参考までに他のパッケージも見てみると、

48
多くのものにコンチング時間まで表記してあります。(45時間〜60時間)

見ての通り、チョコレートについての情報は共通ではなく、それぞれの特徴を表すものを表記してあるのでしょう。

11
こちらのタブレットは30gの小さいサイズ。
一回り大きい70gもあります。


”二カリソ”と聞いて、思い浮かんだのは、
少し前に参加したテイスティング会でいただいた、フリスホルム二カリソ
あまり聞かないワードだけに同じカカオを使ってるのかなと思ったり。

25
洗練された味わいとはまた違った、どこか温かみさえ感じる美味しさ。
序盤はベリー系の香りやキャラメルを思わせる甘みを感じます。

とても穏やかですが中盤からはグンと酸味が現れ一気に雰囲気変わります。
柑橘系フルーツを思わせるさっぱり感に加え、ほのかにスパイシーなアロマ。

ミディアムローストは豆のフルーツ感が程よく残り、とっても自然な味わいです。
少し気になった、フリスホルムの二カリソとは全く違ったアロマを感じました。


ナイーブのチョコレートは、外苑前にあるリトアニア雑貨店「LT shop」で販売されています。
オンラインでは、イタリアワイン・食材を扱う「カーサブォーナ」でも購入可能です。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、砂糖、カカオバター
内容量30g
原産国リトアニア
価格918円(LT shop
Webサイトhttp://chocolatenaive.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives

マルイウェブチャネル