マドレチョコレート(アメリカ)

ハヴィ ハワイ クリオロ (マドレチョコレート)

52
MADRE CHOCOLATE/マドレチョコレート
「hawi hawai'i criollo/ハヴィハワイクリオロ」

ハワイ島Healani農園の希少なクリオロ種を使用したダークチョコレート。

「International Chocolate Awards 2014」アメリカ大会にて、 ダークプレーンチョコレート部門銀賞を受賞しています。

081
カカオ分は70%

”ハワイ””クリオロ”
イメージが結びつかないのですが、どんな味がするのでしょう?


28
今まで食べた、”クリオロ”と名の付いたタブレットにはなかったタイプですね。

気品や繊細さを感じることの多いクリオロ種ですが、こちらは親しみやすく素朴な一面を覗かせます。
黒蜜を思わせる独特の甘味があり、酸味や苦味をほとんど感じません。

ヘーゼルナッツやアーモンドなど複数のナッツが折り重なったような厚みのある香り。
最初は重めな印象さえありましたが、後に行くほどスッキリと上品な味わいに。
心地いい余韻が残ります。


名称チョコレート
原材料カカオマス、有機ココアバター、有機砂糖、ホールビーンバニラ
内容量42g
原産国アメリカ合衆国
輸入者アイランドメイド
価格1404円(税込)
Webサイトhttp://www.islandmade.jp/index.html


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

リカオ クラ ファーム コナ ハワイ リミテッド エディション (マドレチョコレート)

27
東京チョコレートサロン2014で購入した、マドレチョコレートの新作。
「リカオ クラ ファーム コナ ハワイ リミテッド エディション」


「マドレチョコレート」は、ハワイ発のBean to Bar(カカオ豆からチョコレートバーまで)チョコレートファクトリー。

ボリビアやエクアドルなどのカカオ生産地域で農村開発や環境問題に関わってきたデヴィッド・エリオットと、民族植物学の博士号を持ち15年以上に渡る植物学の研究に携わってきたナット・ブレッターによってオアフ島カイルアで設立されました。
(参考:Island Made

DSC07053
マドレチョコレートと言えば、トリプル カカオ

私も初めて食べたときは驚きましたが、チョコレートにパルプまで加えてしまった、とことんカカオな一枚。
もちろんイベントでも迷わず購入です。
ちなみに、「INTERNATIONAL chocolate awards 2014 ”フレーバーダークチョコレート部門”」で金賞を受賞しています。

061
今回は、コナ・カカオを使用したダークチョコレートバー。

ハワイ島コナエリアに位置するリカオクラファームで穫れたカカオを使用。
カカオ分は70%です。

521
もう食前の香りから陽気な雰囲気がでてますね。

パイナップルやマンゴーを思わせる黄色い果実の香り。
それに加えて、ハーブのような香り、クリーミーな一面も顔をのぞかせます。

香りに勢いがあり、若々しさや南国の太陽を連想させる明るいイメージ。
それでいて、くちどけはなめらかで繊細。
後味はしっとり決めてくれます。


名称チョコレート
原材料カカオマス、有機砂糖、有機ココアバター、ホールビーンバニラ
内容量42g
原産国アメリカ合衆国
輸入者アイランドメイド
価格1404円
Webサイトhttp://www.islandmade.jp



ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

トリプル カカオ (マドレチョコレート)

マドレチョコレート
前回に続き、
ハワイのMadre Chocolate/マドレチョコレートをご紹介。

2枚目は「トリプルカカオ」

トリプルカカオ
さて、この”トリプル”
3つのカカオとは何を指すと思いますか?


まずは、チョコレートのベースとなるカカオ
こちらに使用されるカカオは、ハワイ産ではなく”ドミニカ産”です。
カカオ分は70%
ハワイ
裏側を見ると、ゴロゴロと素材が見えます。

チョコレート好きな皆さんならもうお分かりでしょう。
そうです、2つ目のカカオは”カカオニブ(カカオ豆を砕いたもの)”です。


そして、3つ目がこのチョコレートの大きなポイント。

ここでピンときた方は、相当マニアですね。




3つめは、”カカオパルプ(カカオの果肉)”です。


パルプは、カカオ農園にてカカオ豆を発酵させるときに必要な果肉部分。
通常は、この時点で無くなってしまうものですが、その果肉部分を素材として取り出し、チョコレートに加えてあるんです。

カカオパルプ単体をジュースにしたものは過去に味わったことがありますが、
【参考記事】フレッシュカカオジュース (キャギ・ド・レーブ)
      カカオパルプ フルッタ
今回のようにチョコレートの中に入っているものは初めて。

まさに、カカオマニアのための一枚と言えるでしょう。



dominican
ザクザクと豪快な食感。

気になるパルプは、ドライフルーツのような弾力ある歯ごたえ。
ライチやマンゴーを思わせるフルーティーな香りが広がります。

カカオは酸味があってスモーキー。
ニブによる力強さも加わり野性的な一面がありますが、カカオパルプの風味が強いので全体的にはフルーティーでスッキリした印象。

それぞれの素材が主張しながらも、バランスよくまとまっていますね。
もう一枚続けて食べたいくらい美味しいです。


名称チョコレート
原材料カカオマス、ココアバター、砂糖、バニラ、カカオニブ、カカオパルプ
内容量42g
原産国アメリカ合衆国
輸入者Island Made
価格1365円
お取り寄せ可Island Made/アイランドメイド
http://www.islandmade.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

70% ハワイアン ダークチョコレート (マドレチョコレート)

今日ご紹介するのは、ハワイ産カカオを使用したチョコレートです。
madre chocolate
皆様はハワイでカカオが栽培されていることを知っていましたか?

私は僅かに聞いたことがあったものの、正直ハワイにカカオのイメージはありませんでした。


「Madre Chocolate/マドレチョコレート」
ハワイはオアフ島カイルアにある工房でカカオの選別からチョコレートに至るまで、全ての工程を独自で行うBean-to-barチョコレートファクトリー。

フェアトレードカカオ、地元ハワイの食材やアステカ、マヤ文明などカカオ発祥地域の伝統的な食材を取り入れたチョコレート作りをしているそうです。

hawaiian
まず、タブレットの形状に驚き!
ユニークな形をしてますね。

ハワイ産カカオ使用、カカオ70%のダークチョコレートです。


dark chocolate
表面のこどもが描いたような絵柄が気になりますが、どこかで見たような感じも・・・


kakau
そういえば、ロゴにもなっている絵柄。
確かこれはマヤ語で、”カカオ”を意味する言葉だったと思います。
(カカオサンパカのボンボンショコラ「ショコヌスコ」にも同じ絵が記されています。)


さて、ハワイのカカオはどんな味がするのでしょう?

70%
フルーツの香りが強いですね。
カカオ分の割に苦味も弱く爽やか。ほんのりスパイシーさも感じます。

その一方で、ヨーグルトなどの乳製品を思わせる風味も?
これはカカオの発酵の影響によるものなのか、それともカカオが本来持つ風味?
独特の味わいです。

シンプルな素材で作られたチョコレートとしては、とても珍しい風味ですね。
くちどけも繊細でなめらかです。
今まで知らなかったハワイ産カカオ。侮れません。

次回、さらにマニア心をくすぐる一枚をご紹介します。


名称チョコレート
原材料カカオマス、ココアバター、砂糖、ホールバニラ
内容量42g
原産国アメリカ合衆国
輸入者Island Made
価格1365円
お取り寄せ可Island Made/アイランドメイド
http://www.islandmade.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives

マルイウェブチャネル