シナグラ(マダガスカル)

TSAR 100% (CINAGRA)

マダガスカル
読者の方から戴いたマダガスカル産のチョコレート

2枚目は「TSAR 100% DE CACAO


カカオ100%ですよ。

最近ではドモーリの「クリオロ 100%」が記憶に新しいところ。
あちらはクリオロ種のみで、100%カカオという珍しいチョコレートでしたが、
こちらはマダガスカル産カカオのみ使用の100%カカオ。

100%カカオのチョコレート自体あまり多くはなく、そのほとんどは複数の産地や品種のカカオをブレンドして作られています。

それを考えるとこちらチョコレートは大変貴重です。

シナグラ
やや赤味のある色合いも特徴。

フルーティーな香りが漂ってきます。


それでは・・・
チョコレート
!!

これは・・・今まで感じたことのない酸味です。

力強いというか、もはや野性的とも言える酸味。

ハイカカオのチョコレートでは、“苦い”という表現がよく使われますが、
こちらのチョコレートは“酸っぱい”です。

これぞマダガスカル

ドライな食感ながら、溶けはじめるとくちどけはスムーズ。
100%カカオにありがちな喉に残る感覚はありません。
後味は驚くほどスッキリしてます。

ちなみに、以前購入したショコラティエ・ボナの100%が少し残っていたので食べ比べてみると、
あちらも苦味より酸味が際立っていましたが、Tsar100%を食べた後、ボナを食べてみると、ずいぶん酸味も穏やかで落ち着いた味に感じます。
くちどけの良さは若干ボナが上でしょうか。

ここまで個性の強いチョコレートはそうそうないでしょう。
カカオの新しい扉を開いた気分です。


また、このメーカーのチョコレートと同じものが、アメリカで別パッケージで販売されているとの話もあり、それについて調べてみたところ、
マダガスカルで製造されたCINAGRAのチョコレートを、アメリカとカナダ向けに「madecasse」という別ブランドとして輸出しているとか。
アメリカでは高い評価を得ているようです。

今回は貴重なテイスティングができました。
本当にありがとうございました。


名称:チョコレート
原材料:カカオマス、カカオバター
内容量:75g


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

皆様のクリックがとても励みになります。

TSAR 63% (CINAGRA)

先日とっても嬉しい出来事がありました。

ブログを見てくれている読者の方が、なんと日本未発売のチョコレートをプレゼントしてくれたのです!

顔も知らない男にこんなにも貴重なチョコレートを・・・
もう感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様の支えによってこのブログが続いていることをつくづく実感しています。
本当にありがとうございます。


プレゼントありがとう
こちらが戴いたチョコレートです。
キレイなラッピングにもテンション上がりました♪

cinagra
数々のチョコレートを食べてきた私も初めてお目にかかります。
マダガスカルで購入された、Cinagra(シナグラ)というチョコレート。

こちらの驚くべきところは、
マダガスカルで製造されたチョコレートであること。

マダガスカルと言えば、カカオの生産国としては世界でも知られるところですが、
この国でチョコレートまで作られていることを私は知りませんでした。


そこで、
マダガスカルのチョコレート事情について調べてみると、
2社のチョコレートメーカーを見つけました。

1つは今回紹介する「CINAGRA」
2006年、マダガスカルの首都、アンタナナリボに創業したまだ新しい会社。
もう一つは「ROBERT」
カカオ豆の焙煎からチョコレートの製造を行う会社として、CINAGRAができる前は国内唯一のメーカーだったそうです。


カカオ生産国でチョコレートまで作るところは稀だと思います。
パッと思い浮かんだのは、
ボリビアの「エルセイボ・ボリビア」
他にはベネズエラやメキシコなど、カカオの歴史の深いところではいくつか聞いたことがあります。


まずはこちらから。

「TSAR 63% DE CACAO
tsar63%
マダガスカル産カカオ使用のダークチョコレート。
カカオ分は63%

パッケージ中央に気になる文字があります。
“1er Prix Excellence Internationale salon du Chocolat Paris 2009 ”
パリのサロン・デュ・ショコラで受賞経験もあるとのこと。

これは期待も高まりますね。

tsar1


tsar2
シンプルなカカオ模様のタブレット。


しかし裏を見ると、
tsar3
カカオニブがたっぷり!

この時点で、私好みの味だと断言できます。


では、いただきます。
tsar4
なんとも贅沢な香り・・・

ベリー系のフルーティーな香りにまろやかな酸味。
マダガスカル産カカオというと強めの酸味が特徴ですが、カカオ63%ということもあってかいい意味でマイルド。
後味もスッキリしています。

ただ、こちらの面白いところはカカオニブがふんだんに入っているところ。
さらにアクセントにも含まれているんです。

チョコレートだけでも十分な香りがあるのに、さらに拍車をかけるカカオニブの力強い香り。くちどけとともにザクザクした食感も加わり、ピリッと効いてくる塩・・・

ユニークかつダイナミックな味わいです。


もう1枚は次回紹介します。


名称:チョコレート
原材料:カカオマス、キビ糖、カカオバター、カカオニブ、乳化剤(大豆由来)、塩
内容量:75g

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

皆様のクリックがとても励みになります。

22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
新工房専用ページ→
「Benciny Craft chocolate makers」

★EVENT★
12月17日(日)12時 〜 17時
京都BAL 4階、TODAY'S SPECIAL Kyotoでの週末マーケットに出店させていただきます。
試食もご用意してお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
https://www.todaysspecial.jp/event/



【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives