ロベール/ショコラマダガスカル(マダガスカル)

DOMAINE MAVA 75% (ショコラマダガスカル)

DSC_7203-1
マダガスカル発のチョコレート「Chocolat Madagascar/ショコラマダガスカル」
”Finest,Freshest,Fairest”をコンセプトに、カカオの生産からチョコレートの製造まで、すべてマダガスカル国内で行うロベール社が手掛けるシリーズです。

関連記事:
ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 85%
ショコラマダガスカル ファインホワイトチョコレート 34% ブルボンバニラ入
ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 100%
ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 70%


今回は農園指定のシングルプランテーションを選びました。


続きを読む

ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 85% (ロベール)

21
先日行われたBean to Barのイベント「東京チョコレートサロン2014」で購入してきたショコラマダガスカルのタブレット。

カカオ生産国であるマダガスカルにて、カカオの栽培からチョコレートになるまで全てを手掛ける数少ないブランドです。

DSC070571
ブランドの特徴・取組みに関してはこちらを参照ください。
08
カカオ分は85%
原材料は”カカオ豆、きび砂糖、カカオバター”

以前紹介した70%100%には”レシチン”が含まれていましたが、85%には含まれていません。


58
まるでフルーツを食べてるかのようなジューシーさ。

苦味はほとんどなく、爽やかな酸味が広がる新鮮な味わい。
赤い果実やアーモンドなどのナッツフレーバーを感じます。
これで85%もあるのかと疑うくらいスッキリしていますね。

口当たりもソフトで、しっとり感さえあります。
もちろんくちどけもなめらか。


以前購入した70%などと大きく印象が異なり、とにかく勢いがあってフレッシュ!
その違いはカカオ分や原材料だけではなく、製造後の期間も大きく影響しているようです。


ということで、製造から時間が経ったものと新しいロットのもの。
両方の100%のタブレットがあるので比較してみたいと思います。

14
左が入荷したばかりの新しいもの。
右がその半年ほど前に製造されたもの。
形状の違いはさておき、、質感が違うのが見て取れますね。
ちなみに、賞味期限は古い方でもまだ1年以上あります。

481
新しい方を食べると・・正直、以前のは何だったの?と思うくらい違います。

以前の記事で100%とは思えないマイルドさがあると書きましたが、新しい方は食前の香りからダイナミック。
カカオバターが多めに使用されている影響もあって食べやすくマイルドではありますが、マダガスカルカカオの特徴がより前面に出てるように思います。食感も大きく違います。

タブレットは基本的に賞味期限が長く、安心してしばらく保管する方も多いと思います。
購入時期や保存状態も大きく影響しますが、カカオの風味を大事にするタイプのタブレットは、最大限美味しく味わうためにも、ある程度早めに食べた方がいいでしょう。


100%はややマニアな方向けですが、70%や85%はバランスもよく、マダガスカルカカオの美味しさが分かりやすいチョコレートだと思います。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、きび砂糖、カカオバター
内容量85g
原産国マダガスカル
輸入者(有)アフリカンスクエアー
価格810円
お取り寄せ先SOOOOOS/スース
http://sooooos.com
MANGOLOBE/マンゴロベ
http://www.mangorobe.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ショコラマダガスカル ファインホワイトチョコレート 34% ブルボンバニラ入 (ロベール)

32
マダガスカル国内にて、カカオの生産からチョコレートの製造まで一貫して行われているショコラマダガスカルのチョコレート。

最後に紹介するのは”ホワイトチョコレート”です。
04
まず目に付くのは色の濃さ
はっきりとしたクリーム色です。

さらに、黒い点々が見えますね。

49
黒い粒はバニラビーンズ。
マダガスカル産のブルボンバニラです。

20
なかなかの個性派。
まるでチーズのようです。

ホワイトチョコレートとしては珍しくスモーク香のような?ややクセを感じる風味。
粘度も高めでねっとりした舌触りも特徴です。

マダガスカル産の原料にこだわっているとのことで、ややクセを感じるのはここに使用されるミルクによるものでしょうか。
カカオ生産国で作られるチョコレートに、ダーク以外で目立った商品がないのは、カカオ以外の素材の質によるところが大きいかなと感じることがあります。


チーズ感のあるホワイトチョコレートと言えば、ベルナシオンの「イヴォワール」を思い出しました。
風味は全く違いますが、どちらも一般的なホワイトチョコレートにはない濃厚さ、独特の持ち味があります。


名称チョコレート
原材料きび砂糖、カカオバター、全粉乳、大豆レシチン(遺伝子組み換えでない)、バニラビーンズ
内容量85g
原産国マダガスカル
輸入者(有)アフリカンスクエアー
価格864円
お取り寄せ先SOOOOOS/スース
http://sooooos.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 100% (ロベール)

06
前回に続き、ショコラマダガスカルのタブレット。

2枚目は100%カカオです。

08
マダガスカル産カカオは赤みがかったものが多いためか、チョコレートの色も明るいものが多いですね。
ごく一般的なフォラステロ種のカカオを使用したものだとチョコレートの色はもっと黒いです。特に100%ともなるとほぼ真っ黒でしょう。

43
70%と比較するとやはり濃いですが、それでも100%とは思えない明るい色合いです。

19
ずいぶんマイルドです。
味、食感ともに、とても100%とは思えない柔軟な印象を受けます。

不思議に思い原材料を確認すると、
”カカオ豆、カカオバター、大豆レシチン”の表記。

カカオバターはカカオ分に含まれるので100%のチョコレートではあることですが、レシチンが使用されてる時点で100%ではない気もします。
実際、パッケージ裏には99%の文字も見られます。


酸味が際立っており、わずかな渋味も感じますが、
甘みが十分感じられるのと、程よいまろやかさがあるのが印象的。
100%はガツンとストレートにカカオが伝わるものが多いので、こちらはある意味捉えにくくもあります。

以前、マダガスカル産カカオ100%のタブレットTSAR 100%(CINAGRA)を食べたとき、酸味、収斂味が強烈で、良くも悪くも記憶に残っています。
こちらは本当にマイルド。
カカオの質がいいのもあるでしょうが、カカオ分におけるカカオバターの割合も気になりますね。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、カカオバター、大豆レシチン(遺伝子組み換えでない)
内容量85g
原産国マダガスカル
輸入者(有)アフリカンスクエアー
価格864円
お取り寄せ先SOOOOOS/スース
http://sooooos.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 70% (ロベール)

15
今日はマダガスカル産のチョコレートです。

「ショコラマダガスカル」は、マダガスカルを代表するチョコレート会社「ロベール社」が手掛けるシリーズ。

”Finest,Freshest,Fairest”をコンセプトに、カカオの生産からチョコレートの製造まで、すべてマダガスカル国内で行われています。
(ロベールに関しては過去の記事で紹介してますので、そちらを参照してください)
関連記事:マダガスカル ロベールチョコレート75

39
まずはカカオ分70%のダークチョコレート。

カカオはマダガスカル北部のサンビラーノ地区にある、自然そのままの熱帯林で採れたものを使用しています。


今回のショコラマダガスカルは、以前食べたロベールチョコレートとは少しタイプが異なるようで、原材料を比較すると、
ロベールチョコレートは”カカオ、きび砂糖、大豆レシチン、バニラビーンズ”
ショコラマダガスカルは”カカオ豆、きび砂糖、カカオバター、大豆レシチン”

バニラビーンズを使用しないが、カカオバターを加えている様子。
商品ラインナップのカカオ含有率も違います。

41
果実感たっぷり。爽やかな味わいです。

とけるほどに爽やかさが増し、マダガスカル産カカオらしいスッキリ感も広がりますが、とてもまろやかな酸味。
ラズベリーを思わせる風味に加えナッツの香りもあり、全体的に丸みがあって落ち着きを感じます。
くちどけもなめらかです。

次回はカカオ100%を食べてみます。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、きび砂糖、カカオバター、大豆レシチン(遺伝子組み換えでない)
内容量85g
原産国マダガスカル
輸入者(有)アフリカンスクエアー
価格810円
お取り寄せ先SOOOOOS/スース
http://sooooos.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories
プロフィール




22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。












Recent Comments
Archives