ファブリス・ジロット(フランス)

アンスピラシオン・ジャポン (ファブリス・ジロット)

1
今年のサロンデュショコラは、この方に注目していました。
ショコラ界の重鎮と呼ばれる、ファブリス・ジロット

1990年には、当時史上最年少の26歳でM.O.Fショコラティエを取得。
チョコレート界では頂点を極めた現在でも、常にクリエイティブに新しいものに挑戦し続け、他のショコラティエ達からもリスペクトされる存在です。

昨年のサロン・デュ・ショコラで購入したセレクションボックスで一番印象深かったのがジロットさんの一粒。
あの味が忘れられず、今年はジロットさんのショコラをじっくりと味わおうと決めていました。

今年のテーマ「JAPON」を表現した新作がこちら。
2
分かりやすいですね〜。
日の丸と素材の表記。
見た目にも分かりやすい「日本」が表現されていますが、そこにはジロットさんならではのこだわりが詰まっています。

まずは「抹茶」
3
断面を見ると、液状のものが見受けられます。
これは抹茶のジュレ。
それをミルクガナッシュでサンドしてあります。
昨年、アクアカオという新作が話題になりましたが、その技術を和素材でアレンジ。

じわじわ広がる抹茶の旨味がなんとも贅沢。
半液状のジュレだからこそのみずみずしさは、風味の広がり方も独特ですね。
抹茶と調和するミルクガナッシュも実になめらか。
甘すぎず、微妙なバランスを保つところに職人魂を感じます。


「柚子」4
柚子のジュレを柚子風味のミルクガナッシュでサンド。

これぞ日本の味というべき、奥ゆかしい柚子風味。
柚子の美味しさもさることながら、食感の良さも好印象です。
とろっと流れ出そうなのに、ギリギリのところで納まっているジュレ。
相当難しい技術なんでしょうね。


「胡麻」
“胡麻”という素材を選んだのは、千一夜物語に出てくる「開けゴマ」という言葉からだそう。
物語の中では洞窟が開いて宝物が出てくるように、「開けゴマ」イコール日本の発見。
今後も継続的に日本を発見していき、将来的にはもっと日本との仕事に携わっていきたい。
そういった希望も含めた意味合いから胡麻を選んだそうです。
5
中には、胡麻のプラリネと、エクアドル産カカオを使用したビターガナッシュ。

口の中で調和する胡麻とカカオ。
こんなに胡麻が自然に溶け込むなんて驚きです。
華やかな香りのエクアドル産カカオが広がる中、前に出過ぎず、でもしっかり主張する胡麻。
深いです。

断面からも想像できると思いますが、
ガナッシュのなめらかさとプラリネの弾む食感。
異なる食感のコントラストもこのショコラの魅力ですね。


「生姜」
6
ブラジル産カカオを使用した生姜のガナッシュ。

まさしく生姜の風味。
カカオが広がる中、程良く酸味もが効いて後味はスッキリ。
すべてに共通しますが、くちどけが限りなく繊細でなめらか。
いつまでも舌の上に置いておきたい気分です。


内容量:8個
価格:4410円

セレクション ショコラ レ (サロン・デュ・ショコラ)

se
こちらもサロン・デュ・ショコラ、先行発売で購入したものです。

様々なショコラティエが一つのボックスで楽しめる贅沢なセット。
今回3種類のボックスがある中、一番惹かれたのがこちら。

すべてミルクチョコレートベースの優しいセレクトなんです。
お財布にも優しいので迷わずこれにしました。
le
ラインナップはご覧の通り。
どのショコラィエも初めてです。

 
パティスリー キュブレー(フランス・ストラスブール)
日本人ショコラティエ、浅見欣則氏のお店。

「ノスタルジー」 苺のガナッシュ
ku
苺の酸味が効いてますね。
口の中が一瞬にして爽やかに。
苺の風味の奥からルバーブの香りも漂ってきます。
なめらかにとけながらも、爽やかさは最後まで続き後味はスッキリ。


オーバーバイス(ルクセンブルク)
GDP世界一の国、ルクセンブルクを代表するショコラティエ。

「トリュフ・フランボワーズ」 フランボワーズのガナッシュ
ob
少しかためのコーティングを破ると、中からは瑞々しいフランボワーズの香り。
果肉も入っていて驚くほどフルーティーです。
ラストはほろ苦いチョコレートでしっとりと。


ファブリス・ジロット(フランス・ディジョン)
他のショコラティエ達からも注目される、ショコラ界の重鎮。

「フルール・ド・キャラメル」 キャラメルのガナッシュ
gi
優しい味ですね〜
食感から風味まで、すべてが優しいです。
ふわっととろけるキャラメルガナッシュはちょうどいい甘さ。
ここまで癒されたショコラは久々かも・・・
思わず二ヤけてしまう美味しさです。

こういう出会いがあるからこそ、高級ショコラはやめられない。。。
残りは明日紹介します。
三越・伊勢丹オンラインストア
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives