アメデイ(イタリア)

トスカーノ・ホワイト (アメデイ)

DSC06554-1
AMEDEI/アメデイ「トスカーノ・ホワイト」

ごくシンプルなホワイトチョコレートです。


DSC06479-2
高価格のホワイトチョコレートって、ポジションが難しいところです。

ダークチョコレートはカカオの質などにより、豆からこだわったものと大衆向けのチョコレートでは差がはっきり出ます。
それと比べると、ミルクチョコレートはカカオ成分が低くなるので、その差はダークほどではありません。
さらにホワイトチョコレートになると、カカオマスを含まないため、その違いは使用するカカオバターやミルクがポイントでしょう。
一番違いを感じにくいタイプのチョコレートだと思います。

そういった点からも、高価なホワイトチョコレートをあえて購入する機会は少ないのですが、ダークが続くと、たまに上質なホワイトを欲することもあります。

DSC06491-1
コクがあってマイルド。
ミルクの濃さを実感できるクリーミーな味わいです。
ほのかなバニラの香りに、上品でスッキリした甘さが好印象です。

特別個性を感じるタイプではありませんが、一般的なホワイトチョコレートと比較すると、一口で得られる満足感が違います。


名称チョコレート
原材料砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラ
内容量50g
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格1188円
Webサイトhttps://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

トスカーノ・ナッツ・ブラウン (アメデイ)

DSC06556
AMEDEI/アメデイ「トスカーノ・ナッツ・ブラウン」
内容は”ジャンドゥーヤ”です。

希少なカカオを使用したダークチョコレートでお馴染みのアメデイですが、やはりイタリアのブランド。
イタリア伝統のジャンドゥーヤはしっかり押さえてあります。

DSC06482-1
使用するヘーゼルナッツはイタリア産

ジャンドゥーヤを食べる機会はよくあるのですが、このような正統派タブレットの形状でいただくのはあまりないです。

DSC06489-1
口に入れた瞬間とろけるなめらかなくちどけ。
ヘーゼルナッツの香り高さもまさにイタリアですね。

多くの方がイメージするであろう伝統的なジャンドゥーヤ(型を使わず作られる三角タイプ)がそのまま形を変えた印象。タブレットとしては極めてやわらかく、一般的なチョコレートよりも溶けやすい繊細な感触です。

ダークチョコレートがお得意なアメデイとしては甘い仕上がりですが、その中でも甘みよりもナッツの香ばしさや旨味を感じる上品な一枚。
ヘーゼルナッツがお好きな方にはたまらないでしょう。


名称チョコレート
原材料砂糖、ヘーゼルナッツ、ココアバター、全粉乳、カカオマス、アーモンド、バニラ
内容量50g
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格1188円
Webサイトhttps://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

MONOCRU 2 (アメデイ)

モノクリュ
前回の続きです。
残り3つの産地をご紹介。

の前に、
今回の「MONOCRU」6種類のカカオの産地を地図で見てみると、
南米カカオ

ほとんどが中南米です。

この辺りでは風味が豊かとされる”クリオロ種””トリニタリオ種”のカカオが栽培されていることもあり、本格派チョコレートブランドではよく使用されていますね。
他にも、メキシコ、ペルー、コロンビアなどでも高品質で希少なカカオが穫れます。

また、6種の中では唯一のアフリカ勢である「マダガスカル」
同じアフリカでも、カカオ生産量で世界をリードする「コートジボワール」や「ガーナ」産のカカオとは全く異なる風味を持っています。
一概に産地の違いだけでは語れませんが、ここの違いははっきり分かりやすいと思います。
食べ比べ初心者の方にもおすすめです。


さて、本編に戻りましょう。

ジャマイカ
「ジャマイカ」

スモーキーでスパイシーな風味。
力強い印象ながら味わいは緩やかに変化し、ラストはとても穏やか。

グレナダ
「グレナダ」

若干のスモーキーさを感じるものの、まろやかでクリーミーな一面も。
カカオ70%とは思えない優しい味わいです。

以前、カカオサンパカのグレナダを食べたときにも思いましたが、
派手さはないけど、非常に上品。
カカオの上質さを感じます。


エクアドル
「エクアドル」

フローラルな香りに、ナッツのような香ばしさも。
ハチミツのような甘みも感じます。

パッと明るい印象の一枚です。

カカオ
いずれも、共通してくちどけがなめらか。
カカオの個性をスムーズに伝えてくれる素晴らしい食感です。

個人的には「トリニダード」「グレナダ」あたりが好みでした。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ
内容量各20g(5g×4枚)
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格各577円
お取り寄せ可AMEDEI オンラインショップ
http://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

MONOCRU 1 (アメデイ)

amedei
今日は、AMEDEI/アメデイのチョコレートを食べ比べ。

アメデイと言えば、「チュアオ」「ポルチェラーナ」といった、ベネズエラの希少なカカオ豆を使用したタブレットが有名ですが、世界各国から厳選された産地別カカオのシリーズもあります。

それがこちらの「MONOCRU/モノクリュ」シリーズ。

アメデイ
ラインナップは、
「ベネズエラ」「トリニダード」「マダガスカル」
「ジャマイカ」「グレナダ」「エクアドル」
の6種類。
いずれもカカオ分は70%です。

産地ごとに微妙に色が異なるパッケージも素敵ですね。


monocru
パッケージの中は5gの薄型チョコレートが4枚入り。

ベネズエラ
「ベネズエラ」

高品質カカオの王道とも言える安定した味ですね。

力強い風味の中にもまろやかさがあり、ほんのりとバニラの香りも感じます。
甘み、苦味、酸味のバランスがとれた優等生的なお味です。


トリニダード
「トリニダード」

フルーティーな香りにクリームのようなまろやかさを感じます。

雑味がなくスッキリした印象。
癒し効果も高い素晴らしい香りです。


マダガスカル
「マダガスカル」

マダガスカル産カカオと言えば、”酸味”の強いものが多いです。
こちらも酸味を感じますが、非常にマイルド。
中盤からラストにかけて心地よい甘酸っぱさが続き、後味はスッキリです。

意外にも甘みが強めで、酸味よりも甘みに特徴を感じました。


残り3枚は次回紹介します。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ
内容量各20g(5g×4枚)
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格各577円
お取り寄せ可AMEDEI オンラインショップ
http://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

ビアンコ・エ・ピスタッキ (アメデイ)

pistacchi

AMEDEI/アメデイ「ビアンコ・エ・ピスタッキ」
ビスタチオ使用のホワイトチョコレートです。

アメデイといえば、つい先日ロンドンで行われた”アカデミー・オブ・チョコレート 2013”にて、「ブランコ・デ・クリオロ」が『ゴールデン・ビーン賞』を受賞しました。

ゴールデン・ビーン賞とは、カカオ豆からチョコレート製品になるまで、一貫製造されたチョコレートのうち、最も優れたチョコレートに贈られる賞。
アメデイとしては、2011年の“9(ノーヴェ)”に続き5度目の受賞だそうです。


ホワイト
今回は初めてホワイト系のタブレットを購入。

ホワイトチョコレートの中には、イタリア・シチリア島の”ブロンテ産ピスタチオ”を使用。


ピスタチオ
しっかりとピスタチオが香りますね。

ピスタチオ使用のチョコレートはよくありますが、本格的に香るものは少ないように思います。
こちらは豊かな風味があり、尚且つなめらかなホワイトチョコレートとも調和しています。

チョコレートは甘過ぎず、スッキリした後味。
アメデイの上質さはここにも表れていますね。


名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、ピスタチオ、バニラ
内容量:50g
原産国:イタリア
輸入者:株式会社アズネクスト チョコ部
価格:1155円
お取り寄せ可:AMEDEIオンラインショップ

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives