キャギ・ド・レーブ

フレッシュカカオジュース (キャギ・ド・レーブ)

キャギドレーブ
一見、チョコレートに関係なく見えますが、
こちらはカカオの果肉部分「パルプ」を使用したジュースです。

cagi
大阪・松屋町のチョコレートショップ「キャギ・ド・レーブ」の商品。
現在、阪急うめだ本店のバレンタイン催事で販売されてます。
(〜2/14日まで)


こちらは、キャギ・ド・レーブ本店の様子。
chocolate
(画像をクリックすると、店内を360°ビューでご覧いただけます。)
私も何度か行ったことがありますが、独創的な内装は一見の価値有りです。



さて、今回のジュースですが、”カカオの果肉”と言ってもピンとこない方も多いでしょう。
パルプ

カカオの実であるカカオポッドを割ると、白い果肉が詰まっています。
これが”パルプ”

この中にチョコレートの原料”カカオ豆”が入ってます。

そのパルプ部分を使用したのがこちらのジュースですが、
本来パルプはカカオ豆の発酵においてなくてはならないもの。
パルプを除いたカカオ豆はどうしたのか・・・そんなことが気になってしまいました。

フレッシュカカオジュース
お味の方は、ライチに近いです。
あらゆる南国フルーツやミックスジュースを思わせる風味がありますね。
チョコレートとは程遠い味です。

以前市販のカカオパルプジュースを飲んだことがありますが、それよりもフレッシュでフルーティー。
口当たりはとろみがあるものの、後味はスッキリしてて飲みやすいです。


価格:381円(阪急うめだ本店9F)

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

キャギ ド ショコラ (キャギ・ド・レーブ)

数あるチョコレートショップの中でも、独特の世界観を持ったお店がこちら。
1
大阪市中央区、松屋町にある「キャギ・ド・レーブ」

国内外で活躍する森田恭通さんデザインのお店は、オープンから4年以上経った今でも新鮮です。
2
高級感の塊のような内装ですが、プロデュースしているのは、あのUHA味覚糖

3
随所に遊び心が見られます。
(お店はUHA味覚糖本社ビルの中にあります)

4
今回は友人へのプレゼントを買いに行ったのですが、誘惑に負け自分用にも購入。

「キャギ ド ショコラ シャンパーニュ」5
ショコラの形はもちろん

『夢の扉を開く鍵』がブランドコンセプト。
大半の商品は鍵の形が施されています。

また、このお店の最大の特徴は、クーベルチュールを自家製造していること。

ほとんどのショコラティエは、既存のメーカーのクーベルチュールを使用してチョコレート製品を作りますが、キャギ・ド・レーブはカカオ豆からチョコレート作りをしている希少なショコラティエなのです。
マダガスカルの最高級カカオを使用したチョコレートは完全オリジナル。


6
金粉をあしらったラグジュアリーなデザイン。
お店の外観から受けた印象はここまで繋がっています。

「シャンパーニュオーレ」
7

甘くてまろやか。

かと思いきや、後から現れるシャンパンの香りが刺激的。
シャンパン特有の華やかさがガナッシュから溢れてきます。
香りの広がり方が上品ですが、それとリンクするくちどけの良さも特筆すべきところ。
ソフトな印象からの、味の変化がドラマチックです。


「シャンパーニュノワール」
程良い酸味のあるマダガスカルカカオ。
この酸味がシャンパンの酸味と見事に調和してます。

フルーティーなカカオと爽やかなシャンパンはベストな組み合わせ。
洗練された大人の味わいです。

ブランドイメージが明確で、ショコラを味わった時それを実感できるのが素晴らしいですね。
自信を持ってお勧めできるお店です。


内容量:5個
価格:2310円


キャギ ド レーブ
所在地:〒540-0016  大阪府大阪市中央区神崎町4-12 UHA館
営業時間:11:00 〜 19:00(土曜日 17:00まで)
定休日/日曜日

クレ ド トリュフ (キャギ・ド・レーブ)

b48e3700.JPG前回紹介しました
キャギ・ド・レーブで購入したトリュフ。
こちらの箱、スエード素材でできてるんですが、チョコレートのパッケージとしては初めての手触り。
かなり高級感出てます。


今回買ったのは3粒入。
ビターテイストのノワールが2粒、ミルクテイストのオーレが1粒。

cagi『オーレ』
鍵のまぁるい部分にカカオ40%のミルクガナッシュ。
ミルクチョコレートでコーティング。

これは柔らかい。
ミルクコーティングが薄めで、ガナッシュの柔らかさがダイレクトに伝わります。
味の方もミルクのコクが豊かでとってもマイルド。
ミルクチョコ好きのツボを刺激するような優しいお味です。

『ノアール』
カカオ57%のビターガナッシュをスイートチョコでコーティング。

ふわふわのガナッシュからはフルーティーなカカオの風味が。
甘みと苦味のバランスの取れたスイートチョコによって全体がキリッと引き締まってます。
カカオの香りに包まれるようで余韻を楽しめる一粒です。

こちらのお店のショコラ2種類紹介しましたが、
どちらもカカオの魅力がはっきりと実感できます。
それに加えてこのお洒落なデザイン。
プレゼントにも最適です。
お近くにお住まいの方は一度足を運んでみてはいかがでしょう。
(インターネットでも販売しています)


内容量:27g(3粒)
1365円



コフレロン (キャギ・ド・レーブ)

3b945c57.JPG大阪の松屋町にあります
『キャギ・ド・レーブ』へ行って参りました。

去年秋頃にオープンした新しいチョコレートショップ。
サロン・デュ・ショコラにも出品されてたのでご存知の方も多いでしょう。

なんといってもこちらのお店の商品は形が特徴的。
ブランドコンセプトである“鍵”をモチーフにした商品が多く、一度見たら忘れられないお洒落なデザインです。
そして使用するカカオは最高級マダガスカルカカオ豆にこだわり、クーベルチュールを自家製造するというこだわりよう。

まずこちらのお店に入った方はそのゴージャスな内装に驚くことでしょう。
森田恭通さん(女優・大地真央と結婚された方です)がデザインしたお店で、ショコラの高級感を引き立て、ショコラの魅力が伝わるような演出がされていて他では見たことないような素敵なデザインのお店です。
ただ庶民の私には高級ブランドショップのような豪華な雰囲気にちょっと緊張してしまいました・・・^^;

コフレ今回お目当てだったのは、5種類の味をテイスティングできる『コフレロン』
鍵の形をしたチョコが円状に並んでいます。

カカオ分40%・40%・57%・77%・100%の5種類あり、
まずは40%から。

ミルクの風味が引き立つ優しい味。
美味しいです。
カカオ分が高くなるほどにカカオの香りも深くなってきますが、最高の100%というのは今まで味わったことがありません。
ですが以前99%カカオの板チョコを食べたときは衝撃的な味だったので、恐る恐る口に入れました。

さすがに苦味と酸味がものすごく主張してますね。
しかし思ったよりくちどけもよく食べやすいです。
100%ということはカカオそのものの味ですが、この繊細な形にも美味しくいただくための秘密がありそうです。

一番印象的だったのは、カカオ57%タナというショコラ。
説明に“cagiの中心的ショコラ”と書かれてありましたが、それも納得。
フルーティーな香りとキレのある酸味が特徴。
バランスの良い味です。

写真の中心、ハート型のものは40%と57%と同じものですが、形が変わると不思議と味の印象も変わる気がしました。
それぞれ風味がはっきり違うので、ソムリエ気分で各ショコラの香りを楽しめる魅力的なセットです。

こちらと同時にトリュフも買ったので後日紹介します。


内容量:40g
1260円
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives

マルイウェブチャネル