モンロワール

チョコバー ストロベリーミルフィーユ ・ エスプレッソ ・ モンブラン (モンロワール)

b4e2b04e.JPG









神戸・岡本に本店のあるモンロワール
こちらのお店のチョコレートはバラエティに富んだものが多く、種類の豊富さも魅力。

今回はギフト用にお取り寄せしましたが、ついでに自分のものを少し購入。
ごくシンプルなチョコバーのようですが、中にはそれぞれ個性豊かなガナッシュなどが入ってます。
ミル『ストロベリーミルフィーユ』
パイと苺チョコのミルフィーユをミルクチョコでコーティング。

さくさくした食感のミルフィーユが中にぎっしり。
苺の甘い香りといい、まるでケーキを食べているような気分です。
チョコレートとしてははじめての食感で、よく作り込まれてるのが実感できます。

モンブ『モンブラン』
粒々の栗がふんだんに入った栗風味のガナッシュをホワイトチョコでコーティング。

こちらもケーキをそのままバーにしたような一品。
洋酒が入ってて、最初はお酒の香りがふわっと広がりますが、その後には栗のホッとするような甘い風味。
ケーキのモンブランそのももの味で、粒々の栗が入ってることで一層風味が増してます。

カプ『エスプレッソ』
コーヒーリキュールの入ったエスプレッソ風味のガナッシュをダークチョコでコーティング。

カカオよりも断然エスプレッソの香りが強いです。
チョコを楽しむというよりはエスプレッソを味わう感じでしょうか。
しかしガナッシュのなめらかさはチョコならではの味わい。

今回はチョコとしては珍しいデザートのようなものをセレクトしました。
チョコバーは全部で13種類あり、カカオ豆にこだわったものや、ナッツを含んだものなどバリエーションが豊富です。


各420円

生チョコキューブ サロンの自慢 (モンロワール)4

monroモンロワールはたくさんの生チョコがあり、それぞれにユニークな名前が付いてます。
今回買ったのは『サロンの自慢』
中身はロイヤルミルクティーラムレーズン

「ロイヤルミルクティー」
ココアパウダーで茶色くみえますが、ホワイトチョコをベースにしたもので、セイロンティーティーリキュールが含まれた香り豊かな生チョコレート。

ホワイトチョコベースなのであっさりした口当たり。
ミルクティーの上品な香りがふわっと漂います。
ほんのり効いたリキュールが香りをさらに広げ、後味はすっきり。
くちどけも良いです。自然にスーっと溶けていきます。
とっても贅沢な一品。

「ラムレーズン」
ホワイトチョコベースのなかに、たっぷりラム酒を漬け込んだラムレーズンがふんだんに入ってます。

これもまた美味しいです!
ラム酒が効いた落ち着いた味なんですが、レーズンの甘みがじわじわでてきます。
ラム酒がしっかり染み込んだレーズンとホワイトチョコのまろやかさが混じり合い豊かな味わいに。
レーズンとホワイトチョコはかなり合いますね。


内容量:30粒 ・ 1260円

ピーチ 、 プリン (モンロワール)4

d1219010.jpg久しぶりにモンロワ−ルのチョコレートです。

以前はギフト用の詰め合わせを買ったのですが、個人的に当たりハズレの大きい内容だったため今回は一粒ずつ選びました。

『ピーチ』
ホワイトガナッシュをホワイトチョコで包んであり、表面にピーチ味のチョコで模様をつけてあります。
ピーチ味はほんのり感じる程度で、ホワイトチョコの甘さとクリ−ミーさが全面にでてきます。
さりげないピーチの香りが上品なんですが、季節がらもうちょっとフルーツの風味を強調してもいいかなという気がします。

『プリン』
プリンはチョコレートの次に好きな食べ物なのでこの組み合わせは嬉しすぎます。
前この店に来たときは置いてなかったので、新商品か期間限定でしょうか。
綺麗なマーブル模様のチョコの中には、プリンクリームとほろ苦カラメルソース。

これはおいしい!

プリンのまろやかさがしっかり表現されてます。
とろっとしたカラメルソースは苦みの効いた本格的な味。
プリンの味に気がいってしまいますが、チョコレートのくちどけも優しくてなめらか。
プリン好きにはたまらないですね。


294円(量り売りのため2粒でこの値段)

手作りトリュフ (モンロワール)3

b9ee4e0e.jpg神戸に本店のあるチョコレートショップ。
今回は京都大丸で購入。

ここのチョコはとても個性が強いです。
まず見た目は、カラフルで形もさまざまで華やか。
そして素材も、山桃、ブルーベリー、きなこ、練乳など、チョコの組み合わせには珍しいものをふんだんに使用。
これだけ見た目のインパクトが強いとそのお味の方はいかに。

食べてみると、やっぱり味も個性的です。
それぞれの素材が活かされ、今まで感じたことのない味がずらりと。


スターダストその中でもお気に入りは『スターダスト』
コーヒー風味のガナッシュをミルクチョコでコーティング。
ほろ苦さのあるガナッシュと甘いミルクチョコレートが溶け合い、
カフェオレのような味がします。

オレンジそして、それ以上においしかったのがこちら。
名前はわかりません。
オレンジで香り付けしたガナッシュをミルクチョコで包み、上にはオレンジピール。
オレンジ風味のチョコは結構ありますが、オレンジピールがそのまま入ってるのはあまり食べたことがありません。
これがオレンジの甘酸っぱさを口の中いっぱいに広げてくれます。
とってもさわやかな一粒。

どれも素材の生かされた独創的な味なので、なかには甘すぎたり、チョコレートっぽくないものもありました。
しかし子供が喜びそうな楽しいチョコから、大人向けの本格的なチョコまでバリエーションが豊富なのもこのお店の魅力です。
22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
新工房専用ページ→
「Benciny Craft chocolate makers」

★EVENT★
12月17日(日)12時 〜 17時
京都BAL 4階、TODAY'S SPECIAL Kyotoでの週末マーケットに出店させていただきます。
試食もご用意してお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
https://www.todaysspecial.jp/event/



【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives