ネスレ

サブリム ルビー ( キットカット ショコラトリー)

DSC_5753-1
2017年9月、新しいジャンルのチョコレート、「ルビーチョコレート」が発表され話題になりました。

新登場の「ルビー」は、「ダーク」「ミルク」「ホワイト」の3種のチョコレートに次ぐ第4のチョコレート。
(ヴァローナの”ブロンドチョコレート”は?とのツッコミは一旦置いておきましょう)

スイスのチョコレートメーカーである「バリー・カレボー」が10年以上の歳月をかけ開発。
そのルビーを使用し、「ネスレ」がキットカットで世界初の商品化。
日本と韓国でのみ独占販売をしているため、現状このルビーチョコレートを味わえるのは世界で日本と韓国のみになります。

続きを読む

WONKA ピリット ナァッティーバー (ネスレ)

30
今年も登場しましたウォンカチョコレート!
こちらが店頭に並ぶと、チョコレート売場が一気にポップになりますね。

昨年の「ミステリアス スピット・スパット味」
に続き、今年は緑のパッケージが眩しい「ピリット ナァッティーバー味」

またまた意味深なネーミングです。
30
もうこの形状が浸透してきたでしょうか。
私はウォンカといえば、未だにハット型のイメージがぬけません。

44
板チョコとは思えない厚みも特徴ですね。

手に持つとズッシリきます。

29
まずはこってり甘いです。
が、しばらくすると辛味がじわじわと。。

原因は一味とうがらし。ピリリと効いてきます。
それに加え、とろとろのキャラメルにビスケットのサクサク感。もう口の中がお祭り状態です。

辛さは後引くタイプでなかなかの刺激がありますね。

02
毎年定番のキャラメル味もありますので、刺激のいらない方はそちらを選びましょう。

また、世界に5個だけ!プレミアムなミルクチョコレートが当たるキャンペーンも実施中!

名称準チョコレート菓子
原材料準チョコレート(砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアバター)、植物油脂、果糖ぶどう糖液糖、加糖れん乳、ビスケット、水あめ、小麦パフ、砂糖、一味どうがらし、食塩、乳化剤(大豆を含む)、香料、膨張剤、重曹
内容量1枚
原産国日本
販売者ネスレ日本株式会社
価格599円(PLAZA)
Webサイトhttp://nestle.jp/brand/wonka/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

WONKA ミステリアス スピット・スパット (ネスレ)

wonka
大ヒット映画「チャーリーとチョコレート工場」でお馴染み「ウォンカチョコレート」
日本では2006年の登場以来、毎年期間限定で販売される人気商品です。

今年は定番のキャラメル味の他に、
新フレーバー「ミステリアス スピット・スパット」が登場!

名前からはなんとも想像できません・・・
果たしてどんな味なのか?



ミステリアス
ウォンカチョコといえば“赤”のイメージですが、今度の新作は新鮮な“青パッケージ”

「WONKA」と「ウォンカ」。2つのパッケージで登場です。
カタカナバージョンは数も少なめなんだとか。



スピット
内容量190gの大型サイズ。
ちょっと食べたくらいではなくなりません。

昨年からこの形状になりましたが、それ以前は・・・
old_wonka
このような形でした。

この頃のほうがユニークでウォンカチョコらしいかな?


それでは、ミステリアスな新フレーバーを試してみます。
チャーリーとチョコレート工場
中にはとろ〜りキャラメル。
こってり甘いですねぇ。

チョコレートにはラズベリーのような香りがあり、ちょっぴりフルーティー。

ん?
口の中で音がします・・・

キャンディーがパチパチ弾けてます。

なかなかの刺激ですね。


定番のキャラメル味にはない遊び心満載のフレーバー。
こっちの方が映画の雰囲気が現れているかも?


そして、
ウォンカチョコといえば“ゴールデンチケット”
ものすごーく運が良ければ純金製メモリアルプレートが貰えます!

その他にも、応募でウォンカ人形があたるキャンペーンもあり。
ぜひチョコレートを食べてゲットしましょう。

名称チョコレート菓子
原材料原材料名:チョコレート(砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、脱脂粉乳)、果糖ぶどう糖液糖、植物油脂、加糖れん乳、ビスケット(小麦を含む)、水あめ、キャンデー、砂糖、食塩、乳化剤(大豆を含む)、香料、炭酸ガス、膨張剤、重曹
内容量190g
価格525円(PLAZA)


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

キットカット オトナの甘さ パッションフルーツ (ネスレ)

キットカット
キットカットの新作は、夏を先取り「パッションフルーツ」

こちらは”オトナの甘さ”シリーズ。
このシリーズは、細かくクラッシュしたビスケットをチョコレート生地に練り込み、甘さを抑えるという製法。

今までの商品も絶妙な甘さが好印象でしたが、ある意味ではチョコレート感が弱いのも事実。
しかし、ウエハースの食感が特徴でもあるキットカットだからこそ、バッチリはまっているようにも思います。

大人の甘さ
鮮やかな色合い。
ホワイトチョコレートベースのパッションフルーツ風味です。

パッションフルーツ
スッキリ爽やか。
酸味の控えめな軽やかなパッションフルーツ風味。
刺激のない優しい味わいです。

軽い食感とも相性がいいですね。

名称菓子
原材料チョコレートコーチング(植物油脂、砂糖、乳糖、全粉乳、ココアバター)、ビスケット(小麦粉、砂糖、植物油脂、食塩)、小麦粉、植物油脂、乳糖、砂糖、パッションフルーツ果汁パウダー、全粉乳、イースト、ココアパウダー、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆を含む)、膨張剤、香料、マリーゴールド色素、重曹、イーストフード
内容量36g(3枚入り)
エネルギー201kcal(1枚当り67kcal)
価格126円(ローソン)


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

キットカット オトナの甘さ ラズベリー (ネスレ)

キットカット
今週発売、キットカットの新作は「オトナの甘さ ラズベリー」
”大人の甘さ”シリーズの第3弾です。

ブログには書いてませんが、「オトナの甘さ(ビター)」「オトナの甘さ 抹茶」ともに好印象でした。

甘いものが欲しいからこういった商品を買うのに、つい”甘さ控えめ”な商品に惹かれてしまいます・・・

大人の甘さ
ずっと2枚入りが定番だったキットカットも、現在はミニタイプが3枚入り。
この形がスタンダードになった様子ですね。

ラズベリー
ホワイトチョコレートにありがちなこってりした甘さはなく、後に残らない適度な甘さです。

ラズベリーのフルーティーな香りが前面に出ているのでさっぱり爽やか。
季節感もあっていいですね。


名称:菓子
原材料:チョコレートコーチング(植物油脂、砂糖、乳糖、全粉乳、ココアバター)、ビスケット(小麦粉、砂糖、植物油脂、食塩)、小麦粉、植物油脂、乳糖、砂糖、ラズベリー果汁パウダー、全粉乳、イースト、ココアパウダー、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆を含む)、赤ビート色素、膨張剤、酸味料、香料、重曹、イーストフード
内容量:34、8g(3枚)
エネルギー:198kcal(1枚当り66kcal)
価格:126円(ローソン)

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories
プロフィール




22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。












Recent Comments
Archives