DSC_8011-1
2010年創業、アメリカ・サンフランシスコ発のクラフトチョコレートメーカー
「DANDELION CHOCOLATE/ダンデライオン チョコレート」

2016年に初の海外出店として、東京・蔵前にファクトリー&カフェがオープン。
その後、鎌倉、伊勢、京都にも店舗を構えています。

京都東山一念坂店では、ダンデライオンとしては唯一の”CACAO BAR”を併設し、カカオの新しい魅力を提案。
シェフが目の前で作るデザートと、バーテンダーがデザートに合わせて生み出すドリンクを楽しむことができます。
(*CACAO BARは金曜,土曜,日曜のみ営業/予約優先) 


WAMPU,HONDURAS 70%

DSC_8015-1
今回選んだのは、ホンジュラス産カカオを使用したチョコレート。
モスキーティア地方にあるリオ・プラタノ生物圏保護区で作られたカカオだそうです。

カカオ分は70%です。


DSC_8018-1
ダンデライオンさんでは、カカオバターの追油を一切しないこともあり、カカオの濃縮感が強いです。

しっかりとしたバニラ感に、ローストアーモンドのような香り。
キャラメル、クリームを思わせるテイストもあり、ほんのり焼き芋を連想させる、ほっこりした印象も受けます。
序盤は控えめながら、一度開いてくると、くっきり輪郭を持つような豊かな香りを感じますね。

こちらのカカオは、苦味や酸味、渋味が控えめなタイプと思われますが、そのためか甘みが引き立つマイルドな味わいに感じました。


自社の話で恐縮ですが、
私の勤務するBENCINY(ベンチーニー)でも、ダンデライオンさんからこちらのホンジュラスのカカオ豆を購入させていただき、チョコレートを作りました。
DnrIcOSU0AAhohE
当然のことながら、仕上がりは全く違います。

BENCINYでは、76%のカカオ分で製造しており、僅かではありますが、カカオバターを追油しています。
%も高いので苦味はやや強いですが、全体的にはライトな印象でしょうか。
ナッツやバニラなど共通する香りも感じるものの、全く異なる性格を持っています。
ぜひ各社のホンジュラスを食べ比べていただきたいですね。


こちらのカカオに限らず、国内のBean to Barでは、同じカカオを仕入れて作るケースも多いです。
しかし、必ずと言っていいほど仕上がりは違います。

カカオ分の違い、追油の有無などはパッケージ等で確認できる部分ですが、その裏では、使用する機械、焙煎方法、コンチング方法も異なり、そこでのこだわりが味わいに大きく影響します。
さらに細かいところでは、カカオ豆の選別の精度。ウィノウィングの精度(カカオ豆の外皮をいかに確実に取り除くか)。エイジング期間など、一つ一つの工程が最終的な仕上がりに影響してくるでしょう。

情報に関してオープンな作り手も多いので、お店でそれぞれのこだわりを聞きながら、食べ比べしてみると面白いかと思います。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、黍砂糖
内容量56g
価格1296円(税込)
Webサイトhttps://dandelionchocolate.jp/



お菓子・デザートランキング