DSC_4063-1
2011年創業、バルト三国のひとつリトアニア発のBean to Bar。
「Chocolate NAIVE/チョコレートナイーブ」

カカオの個性をそのまま引き出すシングルオリジンだけでなく、リトアニア産の素材を積極的に取り入れるのが特徴。
他では味わえない、独創的なチョコレートを発信しています。


DSC_2947-1
今シーズンはフィリピン産カカオに力を入れているらしく、
「DAVAO」を始め、ほとんどの商品でフィリピン産カカオが使われています。

Chocolate NAIVEといえば、昨年からパッケージがガラリと変わったのも記憶に新しいところ。
使用するカカオにおいても、その時にいいと思ったものを使用するらしく、同じ商品でも、製造時期によりカカオの産地が異なることもあるようです。


HOPS /ホップス

DSC_4067
Chocolate NAIVEを象徴する一枚として、ポルチーニがとってもユニークですが、こちらではビールなどでよく使用される「ホップ」を採用。
リトアニアはビールが美味しい国でもあります。

そもそも、ホップとは、アサ科つる性多年草の植物。
雄株と雌株が別々になっており、ビールに使われるのは球花(きゅうか)と呼ばれる雌株の花です。
ビールにおいては、苦味と爽快な香りを生み、またビールの泡持ちを良くする働きがあります。

DSC_4069-1
序盤から感じる、カカオ由来ではない独特の苦味。
まさにチョコレートでは感じたことのない苦味です。

やや刺激がありつつも、カカオ分67%と控えめな数字でもあり、チョコレートとしての甘みは十分。
軽くフルーツ感を含むマイルドなカカオ感の中に、終始アクセントとしてホップの苦味が効いてます。

いわゆる、ダークチョコレートらしい苦味ではないけど、これがしっくりはまっているのが面白いですね。
くちどけもとってもなめらかな仕上がりです。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、砂糖、カカオバター、ホップ、レシチン
内容量55g
原産国リトアニア
輸入者合同会社TA-WA
価格1080円(税込)
Webサイトhttp://chocolatenaive.com



お菓子・デザートランキング