DSC_3993-1
2014年11月、広島県尾道市に誕生したチョコレート工房「USHIO CHOCOLATL/ウシオチョコラトル」さん。

先日大阪の某イベントに出展されていたので、足を運んできました。

DSC05218-1
タブレットは、シングル5種と、コーヒーをブレンドしたものを加え全6種類。

以前食べた時、印象の強かった「パプアニューギニア」があればチェックしたいと思っていたものの、現在は諸事情により取り扱い停止中とのこと。

DSC05219-1
カカオニブには、工場長のイラスト入り。
数種類のカカオをブレンドし砂糖がけしてあります。



ハイチ

DSC_3999-1
ウシオさんでは、大きく分けて2種類の製法でタブレットを作られています。

1つは、カカオの粗さを残したクランチタイプ。
2つ目は、なめらかに仕上げたスムースタイプ。

こちらのハイチはクランチタイプです。

DSC_4005-1
かなり粗めの粒子感ですね。
初期の頃のざらつき感とは異なる、よりザクザク感を強調した食感。

カカオニブを直接食べたときに近い歯ごたえもありつつ、砂糖の甘味に乗ってカカオの香りがふわっと伝わってきます。

軽やかに香るアーモンドや、ほんのりピーチを思わせるフルーツ感。
適度な酸味はありながら、苦味やクセがなく、とっても親しみやすい味わいです。


DSC_4046-1
こちらはスムースタイプの「ガーナ」
長時間コンチングしてあるため、しっとりなめらかな口どけ。

瞬発力のあるにクランチタイプに比べ、じわ〜っとゆっくり伝わるカカオの香り。
馴染み深い、ナッツ感溢れる味わいです。


オープン時、男性3人で始めたお店は、現在8.5人で運営しているとか。
今回は、立ち上げからのメンバーの方に直接話を聞くことができましたが、噂には聞いていたものの、作る人、作るチョコレート、お店のスタイルもとってもユニーク。

最近は、ネット販売などで気軽に様々なチョコレートが購入できる時代になりましたが、実際にお店へ足を運んだり、直接作り手の方から買ってこそ、魅力の伝わるチョコレートでしょう。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、砂糖
内容量40g
価格800円(税込)
Webサイトhttp://ushio-choco.com/



お菓子・デザートランキング