DSC_3746-1
2015年11月のオープン以降、高品質なチョコレートを生み出し続ける島根県出雲のチョコレート専門店
「La Chocolaterie Nanairo/ラ・ショコラトリ・ナナイロ」さん。

以前まではペルー産カカオを中心に使用されていましたが、先月から登場したSpring collection 2017ではタンザニア産カカオをメインに置き、新たな挑戦をされています。

今回はホワイトチョコレートの紹介です。
DSC_3753-1
ナナイロさんでは、完全非加熱の搾油機を使用し、カカオ豆からカカオバターを抽出しています。
国内にビーントゥバーを行うお店は増えていますが、搾油機を使用するところはまだ珍しいでしょう。

こちらのホワイトチョコレートには、
2016年収穫のタンザニア産カカオから搾油したカカオバターを使用。

原材料は、カカオバター、全粉乳、砂糖のみです。


DSC_3759
まず、ホワイトチョコレートとは思えないほど、強めに現れるカカオ感。
清涼感さえ感じさせる、爽やかでフルーティな香りがあります。

自社でカカオバターを搾油し、製造しているからこその新鮮さでしょうか。

ミルクの味わいや甘味はひかえめ。そのため後味がすっきりしています。
カカオ含有率の表記はありませんが、一般的なホワイトチョコレートよりも多くのカカオバターを使用しているのが伺えます。

もう一つの特徴が、少しざらつきのある食感。

ビーントゥバーによるダークチョコレートでは、カカオのざらつきを感じる荒い仕上がりのチョコレートもありますが、カカオマスの入らないこちらは、もちろんそれらとは違ったテイスト。

しゃりしゃりした食感ながら、荒い印象はなく、しっとりした口どけとともにカカオバターのピュアな美味しさが伝わってきます。
ここまで特徴のあるホワイトチョコレートは珍しいかと思います。

独自の製法で作られるホワイトチョコレートは生産量が大変少ないそう。
販売日は毎月1日予定ですので、気になる方はお早めにチェックしましょう。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、全粉乳、砂糖
内容量75g
価格2160円(税込)
Webサイトhttp://www.chocolate-nanairo.com



お菓子・デザートランキング