DSC_2620-1
森永製菓のコンセプトショップ「Taichiro Morinaga/タイチロウ モリナガ」

森永製菓の創業者、森永太一郎氏は、かつてアメリカで11年にわたる修行の末、洋菓子づくりの技術を日本に持ち込み、画期的な商品で人々に驚きを与えました。

当時のように、お菓子を通して新体験を。
森永さん流に言うと、「をかし」な体験(美しい。見事だ。趣がある。心が惹かれる。)をコンセプトに、ユニークな商品が多数発売されています。


リファインドチョコレート

DSC_2626-2
粒子の違いを食べ比べできるチョコレート粉末。
30μ(ミクロン)16μ(ミクロン)の2種類です。

通常チョコレート製造において、カカオマス、砂糖、粉乳、ココアバター等を混合した後、ばらつきのある粒子を均一にし、舌触りを良くするために、チョコレート生地を複数のローラーに通しチョコレートを微粒子化する”リファイニング”の工程があります。
(現在増えてきている小規模なBean to Barの場合、この工程を行わず、メランジャーなどで細かくすりつぶし、そのままなめらかになるまで練り上げることが多いです)

通常、リファイニング後、コンチングによってなめらかに練り上げペースト状〜固形化していくわけですが、こちらの商品はその前の段階を味わえるというわけです。

森永さんでは1μ単位で粒子のサイズにこだわり、作りたいチョコレートに最適なサイズに調整しているそう。
一般的には20μ程度で舌でざらつきを感じないサイズだと言われています。


30μ

DSC_2633-2
原材料は、砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳糖、乳化剤(大豆由来)。
つまり、ミルクチョコレートになる前です。


わずかにざらつきを感じますが、30μでも十分細かく、雪のように溶ける軽い口どけ。
甘くてミルキー。親しみやすい味です。


16μ

DSC_2642-1
ふわっふわです。

明らかに先ほどと異なり、さらに軽快な口当たりときめ細かい舌触り。
香りの広がり方など違ってくるのも面白いですね。

ちなみに、同ブランドのハイクラウンは16μのものをコンチングし、チョコレートに仕上げてあるそうです。


粉末状でチョコレートを味わうのも新鮮。
ミクロな口どけを楽しめるユニークな商品です。

DSC_2650-1
他に注目したいのは、醤油やみりん、酒粕などの発酵素材を独自の炙り技術を駆使し、香りと旨味を引き出したボンボンショコラ「ABURI/アブリ」や、常温では触れることができないほどの繊細なチョコレートを閉じ込めた「Aeration Chocolate/エアレーション チョコレート」など。

大手メーカーさんならではの長年の経験・技術に新しいエッセンスの加わった新感覚のチョコレートです。


名称チョコレート
原材料砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳糖、乳化剤(大豆由来)
内容量36g(18g×2)
価格1296円(税込)
Webサイトhttps://www.morinaga.co.jp/taichiro/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。