cacaosuyo
まずおススメしておきます。
こちらのブランドは要チェックです!


「CACAOSUYO/カカオスーヨ」
ここ最近、ペルー産カカオを使用したタブレットがよく注目されていますが、こちらはカカオ生産国ペルーにてチョコレート製品にまで仕上げる数少ないブランド。

ピウラセレクト

ペルーのピウラ地方で採れるホワイトカカオを使用した「ピウラセレクト」

同じ名前のものがテオブロマからも出ていて、そちらはご存知の方も多いでしょう。
どちらも同じ豆を使用したものですが・・・
テオブロマの方は、また後日紹介したいと思います。

ペルー
優れたチョコレートは食べる前に感じるものがあります。
こちらはまさにそれ。

開封した瞬間の香りで一気に期待感が上がります。

piura
もはやチョコレートであることを忘れそうなくらいジューシーですね。
南国のフルーツそのものです。

カカオ分は70%で、原材料はカカオマスと砂糖のみ。
カカオバターを加えないものは、やや乾いた食感のものが多いのですが、こちらはしっとりした口あたり。少し大げさにいうと喉が潤う感じでしょうか。
本当にジューシーなのです。

それほどロースト感がなく、カカオそのものの生っぽささえ感じますね。
酸味が強めであまりに香りがダイレクトに伝わるため、万人受けする味ではないかもしれませんが、これほど個性がはっきりでるものも珍しいかと思います。


もう一枚。ペルー色が強い「カムカム&ヤーコン(カカオ60%)」
suyo
カムカムとは、ペルーのアマゾン川流域原産のフルーツ。
レモンのような強い酸味がありビタミンCが豊富に含まれているのが特徴。
ヤーコンとは、南米アンデス原産のキク科の根菜。

どちらも健康成分の宝庫。カカオと合わせるともはや敵なしといった感じですね。
しかしそれよりも味の良さに注目したいところ。
程よい苦味がありつつ、フルーツ感たっぷり。そしてとっても柔らかい食感です。

こちらは生クリームが含まれているため賞味期限が短め。
他のタブレットよりも注意が必要ですが、おそらく一度食べるとすぐに完食してしまうでしょう。


そんなカカオマニア必見のカカオスーヨ
現在、大阪梅田阪急メンズ館 ホワイトデー会場「タブレットチョコレートマーケット」にて販売中。
バレンタインデーのタブレットミュージアムほどの規模ではないですが、ビーントゥバーを中心に上質なチョコレートが揃っています。
小方さんのCACAO HUNTERSも一部入荷あり。

催事は3月14日までです!お早めに。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖
内容量70g
原産国ペルー
輸入者有限会社テオブロマ
価格1500円


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。