今日ご紹介するのは、
リンツ「CREATION Delice Pistache/クリエーション デリース ピスタチオ」
delice pistache
実はこちら、日本未発売商品なのです。

先日フランス旅行へ行かれた方からいただきました。
Eさん、貴重なチョコレートをありがとうございます。


前回のリンツ「クレームブリュレ」の記事でも紹介しましたが、クリエーションシリーズはフランスで展開されている人気のシリーズ。
日本へは、直営店のリンツショコラカフェにいくつか入荷されています。


が、それはほんの一部。


フランス版リンツのサイトを見てみると・・・
lindt
by [www.lindt.fr]

こんなにたくさん。

リンツファンにはたまらないですよね。


この中でも「ピスタチオ」は2012年に出た新しいフレーバー。
堂々のセンターポジションです。



では開けてみましょう。
france
ベースとなるのはダークチョコレート。
中にはピスタチオクリームが入っています。


リンツ”ピスタチオ”
実は、過去に結構出ているんですよね。

ピスタチオ デラックス(2006年紹介)」
ピスタチオ(2007年紹介)」
オレンジ・ピスタチオ(2012年紹介・現在も販売中)」

ただ、いずれもミルクチョコレートがベースでした。

ダークチョコレートとの相性はいかがでしょう・・・

chocolate
なかなか斬新な香り。

ピスタチオの香りは優しくソフトなもの。
それほど主張の強いタイプではありませんが、他では感じたことのない独特の風味があります。
中には砕いたピスタチオも入っており、程よいアクセントに。

甘過ぎず苦過ぎずのセミビターチョコレートは、くちあたりも上品。
ピスタチオとのバランスも申し分ないですね。



これだけでも感激したのですが、
この他にも珍しいものをたくさん戴きました。

excellence
こちらはフランス版、エクセレンスシリーズの一部をおすそ分けしていただいたもの。

なんと、「WASABI(わさび)」ですよ。

どんな味がするのでしょう・・・
wasabi
思わず笑っちゃうくらい、しっかりわさび味。
予想を上回ってきました(笑)

”刺激”という点では、エクセレンス チリと共通するものがありますが、意外性やインパクトではこちらが上。
これがレギュラー商品として売られているのですから、やはりフランスの食文化は違いますね。

リンツさん、アグレッシブです。


もう一つは「Fraise Intense」

ホワイトチョコレートにストロベリーを合わせた、王道ともいえるフレーバー。
fraise
果実感たっぷり。
甘酸っぱくてフルーティーです。

リンツのホワイトチョコレートはミルクが強く独特なので、定番の組み合わせながらひと味違った贅沢感。
まろやかなくちどけに乾燥いちごの軽やかさがよく合います。

これは日本でも受けそうだなぁ・・・


【デリース ピスタチオ】
名称:チョコレート
原材料:砂糖、カカオマス、カカオバター、粉乳、植物性脂肪、アーモンド(3%)、アーモンドクリーム(アーモンド、砂糖)、バターミルク濃縮物、乳糖、乳化剤:大豆レシチン、食品着色料:クロロフィル(ほうれん草エキス)、芳香:ピスタチオ、脱脂粉乳、フレーバー:バニラエキス、大麦麦芽
[※翻訳による]
内容量:150g

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。