サロン・デュ・ショコラの醍醐味の1つが、セレクションボックス
salondechocolat
複数のショコラティエのショコラを1度に味わえる欲張りなボックスです。
今年は全4種類。その中から「10デジール」をセレクト。

2012
願いや欲望などを意味する「デザイアー」をテーマに、10人のショコラティエたちが新たなショコラを製作。
カラフルなBOXの絵柄は、アーティスト金谷裕子氏によるものです。


内容はこちらの10人。

10desirs



豪華なBOXだけあって、丁寧な説明が付いてました。
ショコラティエがどのような思いで創作したのかが伝わってきます。
10desir
(10秒で画像が変わります。※携帯・スマホの方はPCで見てください)



この中から印象深い4つをご紹介。

「クリスチャン・カンプリニ/レコンフォール」
ブラックベリーティーのガナッシュ。
camprini
爽やかな香り。
ブラックベリーの香りはどこか落ち着く優しいもので、チョコレートに見事に調和しています。
なめらかなくちどけも素晴らしいです。


「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/セクシー」
パッションフルーツとプラリネが入った2層のガナッシュ。
sadaharuaoki
コーティングが極薄。
そんな繊細さは、食べ初めから後味まで続きます。
パッションフルーツの甘酸っぱさ、そこに絡むプラリネの甘味が絶妙。
アオキさんのショコラは絶対はずさない安定感がありますね。


「クリスティーヌ・フェルベール/アムール」
カシスとヴァイオレットのコンフィチュール、マダガスカル産カカオ使用のガナッシュ。
ferber
そういえば、フェルベールさんのショコラを食べるのは初めてです。

コンフィチュール美味しさは文句なしですね。
カシスの瑞々しさが主張しつつも、それをガナッシュのなめらかさが包み込む絶妙のハーモニー。カカオの美味しさも感じられます。


「ファブリス・ジロット/エリタージュ」
ヘーゼルナッツとパフのプラリネ、日本酒使用のガナッシュ。
gillotte
さすがジロットさん。
口に入れた瞬間、おっ!と思わせるものがあります。

日本酒の豊かな香りに、繊細にとろけるガナッシュ。
さらにプラリネの弾力ある歯ごたえ。
2層の食感のコントラストが面白くもあり、独特のセンスを感じます。


これ以外のショコラも素晴らしいものばかり。
写真を撮り忘れたのですが、フランク・ケストナークード フーフォルもユニークで好感触でした。



名称:チョコレート
内容量:10個
価格:4830円

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

皆様のクリックが励みになります。