premium
単一品種のカカオを使用した、明治「ザ・プレミアムシングル」
国産メーカーのチョコレートでは異例とも言える高価格チョコレートです。

毎年この時期に発売するのですが、今年も見つけるのが大変でした。
高価格だけに取扱店が少ないのです。

さて、今年のパッケージは昨年とほぼ同じようです。
2011年のプレミアムシングル
原材料を比べてみると、昨年は含まれていた「トレハロース」がなくなり、ややシンプルになった様子。
single
形状もいたってシンプル。
しかし、開封した時点で香りが違います。

「マダガスカル」
マダガスカル産カカオのみを使用した、カカオ42%のミルクチョコレート。
milk
すごく上品ですね。
溶けるにつれ、フルーティーなカカオの風味が広がり後味はスッキリ。
程よいミルク感もいい感じです。


「ドミニカ」
ドミニカ共和国産のカカオのみを使用した、カカオ61%のビターチョコレート。
bitter
スモーキーで力強いカカオの香り。
甘味と苦味のバランスが良く食べやすいです。


コンビニで買えるチョコレートとしてはレベルが高いのですが、
一つ残念なのは、原材料に「香料」が含まれていること。
このタイプのチョコレートには不要なのでは?

来年はさらなる進化を期待したいです。


種類別名称:チョコレート
内容量:各58g
原材料:「マダガスカル・ミルク」砂糖、カカオマス(マダガスカル共和国産カカオ豆100%使用)、全粉乳、ココアバター、バターオイル、乳化剤(大豆を含む)、香料
    「ドミニカ・ビター」カカオマス(ドミニカ共和国産カカオ豆100%使用)、砂糖、ココアバター、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)
エネルギー:330kcal(マダガスカル)、341kcal(ドミニカ)
価格:各398円(ファミリーマート)

ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ

皆様のクリックが励みになります。