2009年もいよいよ終わり。
今年もたくさんのチョコレートが登場し、チョコ三昧な一年でした。

そこで一年を振り返り、2009年のグランプリを選んでみました。

高級チョコレート部門
「デルレイ」
de

コンビニチョコレート部門
「明治 ミルクチョコレート」
me


様々な高級チョコレートを食べた中、一番印象に残ったのは「デルレイ」でした。
まず、華やかなデザイン。
宝石のような輝きでハードルが上がっているにも関わらず、口に入れるとそれ以上の感動が・・・。
見た目で心を掴み、味で満足させる。
イメージを美味しさに変える理想的なモデルだと思いました。

秋頃にはリプトンとのコラボにより、コンビニ・スーパーでもデルレイの名を見かけることも。 
普段、高級チョコレートに関心のない方々にブランドをアピールしたことも、大きな効果があったんじゃないでしょうか。


「明治ミルクチョコレート」は、38年ぶりにパッケージを変更したことで話題になりました。
“ピュア”を押し出し、他メーカーとの違いをアピール。
あらためて定番の美味しさを再確認しました。
変わらない味ながら、幅広いキャンペーンによって新鮮なイメージに生まれ変わったことは大きな変化だと思います。
売り場での存在感も大きく、間違いなく2009年を象徴するチョコレートと言えるでしょう。


2010年も旬なチョコレート情報をお届けしたいと思います。

みなさま、よいお年を。