レダ














1962年創業のスイスのチョコレートメーカー『レダラッハ』
スイスの本店の他、日本の青山店だけが専門店となっています。

レダラッハのチョコは創業当時から、アルプスの大自然で育った牛のミルクを使用することにこだわっています。
上品なコクとやさしいミルクの風味が特徴。

今回はトリュフ、プラリネ詰め合わせの15個入りを購入。
まずはフェアリーマウス
マウスミルクとビターの2種類あって、以前ミルクの方を食べて美味しかったので、今回はビターとミルクを2匹づつ注文しました。
食べるのがもったいないくらい愉快な風貌です。

『フェアリーマウス・ミルク』
アーモンド・へーゼルナッツのジャンドゥーヤにオレンジ風味を付けてミルクチョコレートでコーティング。

ジャンドゥーヤがとてもソフトでふわっと溶けていきます。
オレンジの風味もなかなかのもの。あっさりした口当たりです。
ミルクチョコはなめらかで甘め。
見た目のかわいさと味がピッタリ合ってます。

『フェアリーマウス・ビター』
作りはミルクの方と同じで、ミルクチョコレートの代わりにビターチョコレートでコーティング。
こちらも口当たりがよく、甘さが抑えられたスッキリとした味わいです。
ビターの方がオレンジの爽やかさがよくでてるように感じます。
後味はこちらの方がいいですね。