2014年11月

ショコラマダガスカル ファインダークチョコレート 85% (ロベール)

21
先日行われたBean to Barのイベント「東京チョコレートサロン2014」で購入してきたショコラマダガスカルのタブレット。

カカオ生産国であるマダガスカルにて、カカオの栽培からチョコレートになるまで全てを手掛ける数少ないブランドです。

DSC070571
ブランドの特徴・取組みに関してはこちらを参照ください。
08
カカオ分は85%
原材料は”カカオ豆、きび砂糖、カカオバター”

以前紹介した70%100%には”レシチン”が含まれていましたが、85%には含まれていません。


58
まるでフルーツを食べてるかのようなジューシーさ。

苦味はほとんどなく、爽やかな酸味が広がる新鮮な味わい。
赤い果実やアーモンドなどのナッツフレーバーを感じます。
これで85%もあるのかと疑うくらいスッキリしていますね。

口当たりもソフトで、しっとり感さえあります。
もちろんくちどけもなめらか。


以前購入した70%などと大きく印象が異なり、とにかく勢いがあってフレッシュ!
その違いはカカオ分や原材料だけではなく、製造後の期間も大きく影響しているようです。


ということで、製造から時間が経ったものと新しいロットのもの。
両方の100%のタブレットがあるので比較してみたいと思います。

14
左が入荷したばかりの新しいもの。
右がその半年ほど前に製造されたもの。
形状の違いはさておき、、質感が違うのが見て取れますね。
ちなみに、賞味期限は古い方でもまだ1年以上あります。

481
新しい方を食べると・・正直、以前のは何だったの?と思うくらい違います。

以前の記事で100%とは思えないマイルドさがあると書きましたが、新しい方は食前の香りからダイナミック。
カカオバターが多めに使用されている影響もあって食べやすくマイルドではありますが、マダガスカルカカオの特徴がより前面に出てるように思います。食感も大きく違います。

タブレットは基本的に賞味期限が長く、安心してしばらく保管する方も多いと思います。
購入時期や保存状態も大きく影響しますが、カカオの風味を大事にするタイプのタブレットは、最大限美味しく味わうためにも、ある程度早めに食べた方がいいでしょう。


100%はややマニアな方向けですが、70%や85%はバランスもよく、マダガスカルカカオの美味しさが分かりやすいチョコレートだと思います。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、きび砂糖、カカオバター
内容量85g
原産国マダガスカル
輸入者(有)アフリカンスクエアー
価格810円
お取り寄せ先SOOOOOS/スース
http://sooooos.com
MANGOLOBE/マンゴロベ
http://www.mangorobe.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

アラウカ70% トゥマコ70% (CACAO HUNTERS)

54
カカオハンター小方真弓さんが手掛けるコロンビア産チョコレート
「CACAO HUNTERS/カカオハンター」


今年初旬に初めて食べた時のインパクトも記憶に新しいところ。
今回はサロン・デュ・ショコラ・パリで販売されていた「アラウカ」「トゥマコ」をいただきました。


カカオハンターのチョコレートは、阪急百貨店のタブレットチョコレートミュージアムで販売されたものの他に、その後製造された別のロットのものを戴く機会があったのですが、ずいぶん印象が違っていました。
当然カカオの個性は強く美味しいのですが、比較するとずいぶんマイルドになった印象でした。
今回はどうでしょうか。

20
並べてみると色も違いますね。

左がアラウカ、右がトゥマコです。



「ARAUCA/アラウカ70%」
311
やはり相当なインパクト。一口目でがっちり心を掴まれます。

食前はスモーキーで濃厚な香り。
口に入れるとスパイシーでやや刺激のある味わいに。
ジンジャーやほのかなミントを感じる個性の強いフレーバーです。

中盤からは酸味が際立ち、柑橘系フルーツを思わせる爽やかさを感じたり、一枚で様々な表情を見せてくれるチョコレートです。

力強く生き生きとしたカカオの香りに、初めて食べたときの感動が甦りました。


「TUMAKO/トゥマコ70%」
451
ナッティーで穏やかな印象。
アラウカのような刺激はなく、安心できるような優しい味です。

苦味や酸味もマイルド。
ウッディーな香りやハチミツっぽい甘みがじわじわ溢れてくるような、自然を感じる味わいですね。


カカオハンターのタブレットは、現在丸山珈琲さんで販売しているようです。
東京、長野、山梨にある直営店にて取り扱いがあるみたいなので、気になる方はチェックしてみましょう。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、レシチン(大豆由来)
内容量28g
原産国コロンビア
参考サイトhttp://cafecacao.co/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

PATE DE CACAO 100% (ベルナシオン)

511

前回に続き、日本未発売のベルナシオンから、
「PATE DE CACAO 100%/パート ド カカオ100%」

041
最近ますます100%カカオのチョコレートを食べる機会が増えたのですが、中には驚くべき完成度を持つものもいくつかありました。

ただ、いずれもカカオバターを加えていたり、わずかにレシチンが入っている場合が多く、かつて衝撃をうけたカカオマスのみで作られるドモーリ「IL100% クリオロ」と純粋な比較はできないなと感じてもいます。

ベルナシオンの100%の原材料をみると、
「カカオマス、カカオバター、バニラ、乳化剤(大豆由来)」
バニラまで入っており、もはや100%の基準は何かと疑いたくもなります。


271
さすが100%となると重たいですね。

75%でも感じた独特のロースト感がありますが、苦味が強く刺激も強いです。
中盤からは酸味も現れ印象は緩やかになり、後味はそれほどくどくありません。

カカオバターも加えてあるので、くちどけはまずまずのなめらかさ。
それでもねっとりと舌に吸い付く感覚はあります。

ダーク系に慣れている方は好きな方もいると思いますが、単体でいただくには抵抗を感じる方も多いレベルかと思います。
個人的にはバランスのとれた75%がベストですね。


名称チョコレート
原材料カカオマス、カカオバター、バニラ、乳化剤(大豆由来)
内容量80g
原産国フランス
Webサイトhttp://www.bernachon.com/fr/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

SUPER AMER 75% (ベルナシオン)

161
日本未発売のタブレット。
ベルナシオン「SUPER AMER 75%/スーパーアメール75%」

友人からの頂き物です。ありがとうございます。


ベルナシオンのタブレットと言えば、日本のサロンデュショコラに出品されるのは55%ダークやそれをベースにしたものが中心。
過去には75%も販売していたそうですが、ここ数年は日本で購入することはできません。

数年前にもこちらの75%を戴く機会があり、当時はその圧倒的な香りに驚いたものです。
55%でも十分力強いカカオの香りがあるものの、やはりそれを凌駕するカカオの世界を持つ75%。再び出会えて嬉しいです。

591

今まで食べたベルナシオンのタブレットはどれも150gのビッグサイズでしたが、こちらは80gの手頃なサイズ。
厚みも適度で割りやすいです。


食べたことのある方は納得されると思います。ベルナシオンのチョコレートはとにかく個性が強いです。
野性的、重厚、ダイナミック、ワイルド、様々な表現の仕方があると思いますが、改めて感じるのは味の厚み。

471
序盤は意外にもフルーツ感さえ感じるスッキリした香り。
かと思うと、独特のロースト感。いつも感じるスモーキーで深みのある香りが前面に。
そしてシャープな酸味、スパイシーな香りなど、あらゆる要素が押し寄せてきます。

55%は甘みが強めに感じる部分もありましたが、こちらはよりダイレクトなカカオ感。力強いだけでなく、優しさも感じさせる素晴らしいチョコレートです。


ベルナシオンでは、産地別カカオのラインナップはなく、数種類のカカオのブレンドのみ
食べると納得です。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ、乳化剤(大豆由来)
内容量80g
原産国フランス
Webサイトhttp://www.bernachon.com/fr/


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

リカオ クラ ファーム コナ ハワイ リミテッド エディション (マドレチョコレート)

27
東京チョコレートサロン2014で購入した、マドレチョコレートの新作。
「リカオ クラ ファーム コナ ハワイ リミテッド エディション」


「マドレチョコレート」は、ハワイ発のBean to Bar(カカオ豆からチョコレートバーまで)チョコレートファクトリー。

ボリビアやエクアドルなどのカカオ生産地域で農村開発や環境問題に関わってきたデヴィッド・エリオットと、民族植物学の博士号を持ち15年以上に渡る植物学の研究に携わってきたナット・ブレッターによってオアフ島カイルアで設立されました。
(参考:Island Made

DSC07053
マドレチョコレートと言えば、トリプル カカオ

私も初めて食べたときは驚きましたが、チョコレートにパルプまで加えてしまった、とことんカカオな一枚。
もちろんイベントでも迷わず購入です。
ちなみに、「INTERNATIONAL chocolate awards 2014 ”フレーバーダークチョコレート部門”」で金賞を受賞しています。

061
今回は、コナ・カカオを使用したダークチョコレートバー。

ハワイ島コナエリアに位置するリカオクラファームで穫れたカカオを使用。
カカオ分は70%です。

521
もう食前の香りから陽気な雰囲気がでてますね。

パイナップルやマンゴーを思わせる黄色い果実の香り。
それに加えて、ハーブのような香り、クリーミーな一面も顔をのぞかせます。

香りに勢いがあり、若々しさや南国の太陽を連想させる明るいイメージ。
それでいて、くちどけはなめらかで繊細。
後味はしっとり決めてくれます。


名称チョコレート
原材料カカオマス、有機砂糖、有機ココアバター、ホールビーンバニラ
内容量42g
原産国アメリカ合衆国
輸入者アイランドメイド
価格1404円
Webサイトhttp://www.islandmade.jp



ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
新工房専用ページ→
「Benciny Craft chocolate makers」

★EVENT★
12月17日(日)12時 〜 17時
京都BAL 4階、TODAY'S SPECIAL Kyotoでの週末マーケットに出店させていただきます。
試食もご用意してお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
https://www.todaysspecial.jp/event/



【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives