2013年06月

P125 クール・ド・グアナラ 200g (ヴァローナ)

p125
今日は、ちょっとタイプの違うチョコレートをご紹介。

フランス・VALRHONA/ヴァローナ社のチョコレート
「P125 クール・ド・グアナラ」
パッケージを見ても分かる通り製菓用のチョコレートです。


P125 クール・ド・グアナラは2009年に発売になった商品なので、製菓業界の方はご存知の方も多いでしょう。
通常パッケージの1kgは個人では多すぎるので、cuoca/クオカが販売している200gの少量パッケージを買ってみました。


さて、”P125”というタイトル。
これは「カカオ125%」にも値する味わいと香りを実現したという意味。


どういうこと?って思いますよね。


まず、カカオの成分を見てみると、
約54%が油脂分(カカオバター)約46%が固形分で出来ています。
ここで半分以上を占める油脂分は無味・無臭・無色
つまり、カカオの「味・香り・色」約46%の固形分から生まれます。

そこで、ヴァローナ社は、油脂分と固形分の比率を逆転させる方法を生み出します。
油脂分を減らす方法で、「油脂分:固形分=34%:46%」の構造に。
100%換算で「油脂分:固形分=42.5%:57.5%」

P125カカオ分

つまり、
カカオの風味に影響する固形部分が、標準カカオマスに比べ25%増!
だから125%ということなのです。

ヴァローナ
中身はフェーブ状のチョコレートが200g。

カカオ分は正確には80%
”カカオ豆80%、砂糖19.2%、バニラエッセンス0.1%、乳化剤(大豆由来)0.7%”です。

当然カカオバターは加えていません。
通常のチョコレートはカカオマス(中の約54%がカカオバター)に加え、抽出したカカオバターを足してなめらかさを出しています。

相当なカカオ感が期待できますね。

フェーブ
1粒のサイズは35×20×5mm。3g。
結構大きいです。

最も溶けにくい中心部分に窪みをつけて薄くし、均一に溶けやすくなっています。

クールドグアナラ
さすがに濃いですね。

野性的でダイナミック。カカオの存在感がすごいです。

濃厚だけど決して苦過ぎることはなく、程よい酸味や甘みもあるので食べやすいです。
カカオはそれほど個性的な風味ではなく、いい意味で収まりのよい風味。

くちどけも違和感のないなめらかさ。
ラストがやや重くねっとりする感じでしょうか。

私はマニアなのでそのままいただきますが、本来は製菓用として本領を発揮するチョコレート。
焼菓子やクリーム、アイスクリームにするのが特におすすめだそうです。
チョコレートの味をもっと濃くしたい時にはもってこいでしょう。


名称チョコレート
原材料カカオ豆、砂糖、バニラエッセンス、乳化剤(大豆由来)
内容量200g
原産国フランス
販売者株式会社クオカプランニング
価格1365円
お取り寄せ可cuoca/クオカ
http://www.cuoca.com


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

超マンゴー (森永)

超マンゴー
濃厚な味わいを凝縮した森永の「超」シリーズ
期間限定で「超マンゴー」が発売しました。

20枚
個包装で20枚入り。
1枚の厚さはわずか2mmです。

70%
というだけあって濃厚なマンゴー風味。
このシリーズ、いつも分かりやすいです。

極薄なチョコレートは軽やかな食感。
しかし粒子は粗めで、やや粘り気の強いくちどけに、じゃりっとした食感もあります。
チョコレート感は弱めですが、フルーツの濃厚さという点では十分楽しめる商品でしょう。


このタイプのマンゴーチョコレートでは、3年ほど前に明治から「リッチマンゴーチョコレート」が発売になってます。
一度食べ比べてみたかったですね。

関連記事:「超苺」で明治との比較をしています。


名称準チョコレート
原材料砂糖、植物油脂、マンゴーパウダー、乳糖、デキストリン、ココアバター、脱脂粉乳、全粉乳、濃縮ホエイ、ホエイパウダー、香料、乳化剤(大豆由来)、クチナシ黄色素、アカビート色素
内容量20枚(52g)
エネルギー300kcal(1枚当り15kcal)
価格210円(ローソン)


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

カカオタイム ミルクチョコレート

カカオタイム
近所のドラッグストアでリーズナブルなチョコレートを見つけたので買ってみました。

100gで98円です。


パッケージ裏を見てみると、一般的な輸入チョコレートとは少し違う様子。
日本の会社が日本人の嗜好に合うレシピを国内で開発し、マレーシアにて生産した商品だそうです。
使用するカカオも日本人に一番なじみ深いガーナ産カカオを100%使用。

ミルクチョコレート
シンプルなミルクチョコレート。
正方形でコンパクトにまとまってます。

マレーシア
結構な厚みがあるので、簡単には割れません。


安い!
低価格な外国産チョコレートは、ちょっとクセがあったり甘過ぎたりするものが多い中、こちらは一口目から好印象です。

甘みは程々。ミルクの風味が強めでクリーミーです。

食感はやや硬めながら、溶けだすとすごくなめらか。
価格の割にナチュラルな仕上がりです。

日本で開発されたのも納得の味ですね。


名称チョコレート
原材料砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量100g
エネルギー580kcal
原産国マレーシア
輸入者株式会社モントワール
価格98円(ドラッグストア)


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

MONOCRU 2 (アメデイ)

モノクリュ
前回の続きです。
残り3つの産地をご紹介。

の前に、
今回の「MONOCRU」6種類のカカオの産地を地図で見てみると、
南米カカオ

ほとんどが中南米です。

この辺りでは風味が豊かとされる”クリオロ種””トリニタリオ種”のカカオが栽培されていることもあり、本格派チョコレートブランドではよく使用されていますね。
他にも、メキシコ、ペルー、コロンビアなどでも高品質で希少なカカオが穫れます。

また、6種の中では唯一のアフリカ勢である「マダガスカル」
同じアフリカでも、カカオ生産量で世界をリードする「コートジボワール」や「ガーナ」産のカカオとは全く異なる風味を持っています。
一概に産地の違いだけでは語れませんが、ここの違いははっきり分かりやすいと思います。
食べ比べ初心者の方にもおすすめです。


さて、本編に戻りましょう。

ジャマイカ
「ジャマイカ」

スモーキーでスパイシーな風味。
力強い印象ながら味わいは緩やかに変化し、ラストはとても穏やか。

グレナダ
「グレナダ」

若干のスモーキーさを感じるものの、まろやかでクリーミーな一面も。
カカオ70%とは思えない優しい味わいです。

以前、カカオサンパカのグレナダを食べたときにも思いましたが、
派手さはないけど、非常に上品。
カカオの上質さを感じます。


エクアドル
「エクアドル」

フローラルな香りに、ナッツのような香ばしさも。
ハチミツのような甘みも感じます。

パッと明るい印象の一枚です。

カカオ
いずれも、共通してくちどけがなめらか。
カカオの個性をスムーズに伝えてくれる素晴らしい食感です。

個人的には「トリニダード」「グレナダ」あたりが好みでした。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ
内容量各20g(5g×4枚)
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格各577円
お取り寄せ可AMEDEI オンラインショップ
http://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。

MONOCRU 1 (アメデイ)

amedei
今日は、AMEDEI/アメデイのチョコレートを食べ比べ。

アメデイと言えば、「チュアオ」「ポルチェラーナ」といった、ベネズエラの希少なカカオ豆を使用したタブレットが有名ですが、世界各国から厳選された産地別カカオのシリーズもあります。

それがこちらの「MONOCRU/モノクリュ」シリーズ。

アメデイ
ラインナップは、
「ベネズエラ」「トリニダード」「マダガスカル」
「ジャマイカ」「グレナダ」「エクアドル」
の6種類。
いずれもカカオ分は70%です。

産地ごとに微妙に色が異なるパッケージも素敵ですね。


monocru
パッケージの中は5gの薄型チョコレートが4枚入り。

ベネズエラ
「ベネズエラ」

高品質カカオの王道とも言える安定した味ですね。

力強い風味の中にもまろやかさがあり、ほんのりとバニラの香りも感じます。
甘み、苦味、酸味のバランスがとれた優等生的なお味です。


トリニダード
「トリニダード」

フルーティーな香りにクリームのようなまろやかさを感じます。

雑味がなくスッキリした印象。
癒し効果も高い素晴らしい香りです。


マダガスカル
「マダガスカル」

マダガスカル産カカオと言えば、”酸味”の強いものが多いです。
こちらも酸味を感じますが、非常にマイルド。
中盤からラストにかけて心地よい甘酸っぱさが続き、後味はスッキリです。

意外にも甘みが強めで、酸味よりも甘みに特徴を感じました。


残り3枚は次回紹介します。


名称チョコレート
原材料カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラ
内容量各20g(5g×4枚)
原産国イタリア
輸入者株式会社アズネクスト チョコ部
価格各577円
お取り寄せ可AMEDEI オンラインショップ
http://amedei.jp


ランキングに参加中!
いつも応援ありがとうございます。
banner
皆様のクリックが励みになります。
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives

マルイウェブチャネル