2010年08月

ガルボ ボール (明治)

1
独特の食感についハマってしまうガルボシリーズ。

今回の新作は「ボール型」です。

2
これはおいしい・・・
ガルボシリーズに共通することですが、またまた期待以上の美味しさですね。

パッと見、軽いチョコスナックなのに、一口歯を入れると、
とろりとチョコレートの味わいが広がるんです。

ガルボチップスがチョコレート率65%に対し、こちらは68%
それも納得のチョコレート感です。

ガルボならではのサックリ感はボールになっても文句ナシ。
ぜひお試しください。


種類別名称:チョコレート
内容量:66g
原材料:砂糖、植物油脂、カカオマス、全粉乳、鶏卵、ココアバター、小麦粉、脱脂粉乳、ココアパウダー、水あめ、チーズパウダー、キャラメルパウダー、乳糖、加工でん粉、乳化剤(大豆を含む)、トレハロース膨張剤、香料、酸化防止剤(V.E,V.C)
エネルギー:362kcal
価格:178円(スーパー)

ルック ショコラ エイティーン (不二家)

1
ルックといえば、12粒でお馴染みですが、今回の新作は18粒
一粒が小ぶりになってます。

不二家の説明によると、
「一粒まるごとショコラ味を楽しんでいただける無垢チョコ感覚の商品」とのこと。
ちなみに「ショコラエイティーン(18)」というネーミングは、18粒の意味の他に、大人の味わいがわかる年齢という意味も込められています。

味は、ガナッシュクリーム、トリュフクリーム、チョコレートムースと、
チョコレート感満載のラインナップ。
2
どれも、まったりとチョコレートの美味しさが広がる優しい味。
いつものルックは、様々なフルーツなどを一度に楽しめるにぎやかさが魅力ですが、
こちらは、微妙な食感・風味の違いを味わえる、落ち着いた仕上がりです。

個人的にはガナッシュクリームが好きですね。
これで105円はお得です。


種類別名称:チョコレート
内容量:47g(18粒)
原材料:砂糖、カカオマス、全粉乳、植物油脂、ココアバター、乳糖、マーガリン(乳を含む)、脱脂粉乳、生クリーム、麦芽糖、濃縮ホエイ(乳製品)、酒精飲料(オレンジを含む)、水あめ、ココア、加糖練乳、乳化剤(乳・大豆由来)、香料(大豆由来)、トレハロース、着色料(カラメル、カロテノイド、紅麹)
エネルギー:250kcal
価格:105円(ローソン)

ミルクセンチャ (ドルファン)

1
こちらはベルギー産のチョコレート。
ですが使用しているのは日本の煎茶

ミルクチョコレートに煎茶を練り込んであります。
2
開けて気付いたのですが、一風変わったパッケージ。
包み紙は、紙とビニールで封筒みたいな作りになってて、2重でチョコレートの風味を閉じ込めてあるんです。

紙パッケージの板チョコって、食べかけだと綺麗に保存できず、欠片がポロポロと落ちてしまうこともありますが、この構造ならしっかり保管できますね。
3
・・・中は割れちゃってましたが。。。

第一印象は不思議な味。
少し経つと、煎茶の持つ豊かな香りが染み出てきます。

茶葉がそのまま入っているので、茶葉の食感・風味がダイレクトに伝わってきます。ただそれだけでなくチョコレートの美味しさもかなりのもの。
新鮮な香りを引き立てながら、ミルクチョコのまろやかさもいっぱいに広がる・・・
日本的でありながら、国産チョコとは一味違った美味しさがありますね。

他にも独創的なフレーバーが揃ってたので試してみようと思います。


種類別名称:チョコレート
内容量:70g
原材料:砂糖、全脂粉乳、ココアバター、カカオマス、煎茶、バニラ香料、乳化剤(レシチン:大豆由来)
エネルギー:384kcal
価格:458円(輸入食品店)

デザートアーモンド クッキー&クリーム (カバヤ)

1
カバヤの新作は、一風変わったアーモンドチョコレート

パッケージを見ての通り、アーモンドとチョコレートの間にココアクッキーが入ってるんです。
2
アーモンドの香ばしさと同時に、ほろ苦いココアクッキーの味わい。
ホワイトチョコのふんわりソフトな食感も魅力です。


種類別名称:チョコレート菓子
内容量:41g
原材料:砂糖、アーモンド、ココアクッキー、ココアバター、植物油脂、全粉乳、乳糖、水飴、ココアパウダー、カカオマス、乳化剤、糊料(アラビアガム)、香料、膨張剤、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、卵、大豆を含む)
エネルギー:233kcal
価格:126円(サンクス)


メルシー アソート (ストーク)

1
ストーク社・・・1903年にオーガスト・ストーク氏により、ヴェルターで設立された100年以上の歴史を誇るドイツでも最大手の菓子メーカー。

こちらの商品に惹かれたポイントは、味のバリエーション
2
8種類の味があり、内容量はたっぷり250g
さらに食べやすいバータイプです。
ズラッと20枚も並ぶ様子は期待感を煽りますね。

3
味は、スタンダードなミルクから、コーヒー、ヘーゼルナッツ、ダーク、プラリネなど。
こうゆうのって一度に全部食べたくなるので、嬉しい半面注意が必要です。

4
左はプラリネ、右はマジパン

口当たりがいいですね。
ミルク系もダーク系も、スッと舌に馴染む感覚です。
中の素材も優しく香りますが、チョコレート自体のまろやかさが好印象。
ホームパーティーなどで活躍しそうなチョコレートですね。


種類別名称:チョコレート
内容量:250g(20本入り)
原材料:砂糖、カカオバター、カカオマス、全粉乳、クリームパウダー、植物油脂、アーモンド、ヘーゼルナッツ、乳糖、ホエイ、ブドウ糖、バター、脱脂粉乳、カカオ、ブドウ糖シラップ(小麦)、転化糖シラップ、果糖、コーヒー、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料
価格:734円(輸入食品店)
22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
新工房専用ページ→
「Benciny Craft chocolate makers」

★EVENT★
12月17日(日)12時 〜 17時
京都BAL 4階、TODAY'S SPECIAL Kyotoでの週末マーケットに出店させていただきます。
試食もご用意してお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
https://www.todaysspecial.jp/event/



【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives