2010年01月

ディナーミントボール (ベーメ)

di
ドイツ産ミントチョコレート
見るからにスカっと爽やか。

ミントは香りが強いですが、うまく使えばいい味がでます。
この商品、パッケージを見たところ、ミントクリームが大半を占めてそうですがバランス的にどうなんでしょう。

nn
ミントクリームをカカオ60%のダークチョコレートでコーティング。
一見、リンツのリンドールにも似てますね。

er
中はミントクリームがたっぷり。

想像通り、ミントがかなり効いてます。
カカオ60%のチョコレートも風味は強いです。しかし、ミントの香りはそれ以上。
口の中がスースーしますが、程よく甘みもあるのでしつこさはありません。
ここまでミントを主張したチョコレートも珍しいのでは。


種類別名称:チョコレート
内容量:100g
原材料:砂糖、カカオマス、脱脂粉乳、加工油脂、カカオバター、乳化剤(大豆由来)、香料
価格:630円(PLAZA)


∞チョコレート (バンダイ)

板チョコを“パキッ”と折る感触。
気持ちよくないですか?

そんな感触を無限に楽しめるのがこちら。
mu
バンダイから発売された「∞チョコレート」

∞プチプチ、∞エダマメなどが大ヒットした「∞(むげん)にできるシリーズ」の新作です。
サラリーマンにも好評だった「∞エダマメ」が出たときは、正直ウケました。
くだらないと思いつつ、ついつい触りたくなるんですよね(笑)

昨年、「∞アイデアコンテスト」が行われ、約1万件のアイデアの中から最優秀賞に選ばれたのが今回のチョコレート。

ge
明治製菓とコラボレーションにより、お馴染みのパッケージ。

こちらの「ミルク」のほかに、「ハイミルク」「ホワイト」も。
明治チョコレートのラインナップそのものです。

n
ケースからスルリと抜くと、

cho
板チョコが出てきます。

co
あとは、これをパキパキ折るだけ。。。

何度でも折れます。。。


・・・いい大人が何やってるんでしょうね(笑)


人一倍チョコレートを折ってる者としては、微妙な感触。
音・感触ともリアルさに欠けますね。もう一工夫欲しいところです。

まぁ、あくまでおもちゃですから^^;
ちょっとした気分転換にはいいかもしれません。


価格:504円(メーカー希望小売価格650円)

ウインターアップル (グボア)

gu
今日はドイツ産チョコレートの紹介。
“幸運をもたらすといわれるリンゴ型のチョコレート”
おもしろいコンセプトですね。

bo
キュートな形。
丁寧に葉っぱまで付いてます。

r
開封するとこのように。

この時点で、通の方ならこれを思い出すんじゃないでしょうか。
そう、テリーズのオレンジチョコレートにそっくりですね。

a
りんごを切ったような状態に。

テリーズは、たたきつけないとばらけませんでしたが、こちらは一枚づつ簡単にはずれます。
サイズもちょうどよく、食べやすいです。
p
シンプルなミルクチョコかと思いきや、独特な香りがします。
ヘーゼルナッツとジンジャーブレッドのフレーバーを効かせてあるようで、ジンジャーの香りでしょうか。ほんのりスパイシーな香り。
くちどけもなめらかで、一枚食べるとまた欲しくなる味です。


種類別名称:チョコレート
内容量:125g
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、乳化剤(大豆由来)、香料
価格:788円(明治屋)

リッチミルクチョコレート (明治)

いよいよ今日から、新宿伊勢丹の「サロン・デュ・ショコラ」が始まりましたね。
関西住まいの私は足を運べませんが、行った方のブログなど見てますと、
まあ盛り上がってます。会場の熱気が伝わってきます。

参加したという方、ぜひお話を聞かせてください^^
rich
今日は、明治の「リッチミルクチョコレート」
セブン&アイ限定商品です。

北海道のミルクから作った乳製品をたっぷり使用し、リッチに仕上げたミルクチョコレート。
はたしてお味の方は。。。
milk
ミルクが濃厚。
まったりと広がるミルクのコク、実に味わい深いです。

ただ、昨日V.I.Pチョコレートを食べた影響か、もひとつインパクトに欠けるといいますか、物足りなさを感じます。
順番が逆だったら違った感想になってたでしょうね。


種類別名称:チョコレート
内容量:40g
原材料:砂糖、全粉乳(北海道産生乳100%使用)、ココアバター、植物油脂、カカオマス、脱脂粉乳(北海道産生乳100%使用)、クリームパウダー(北海道産生乳100%使用)、トレハロース、乳化剤(大豆を含む)、香料
エネルギー:232kcal
価格:138円(セブンイレブン)

V.I.P ミルク ・ ジャンドゥーヤ (ロッテ)

あの名作チョコが帰ってきました!
vip
1988年に誕生した「V.I.Pチョコレート」
生クリームをたっぷり使用した画期的な味は、かつて一世を風靡しました。
一部の世代ではいまだにファンも多いといいます。

当時私は小学生。
小さいながらに、このチョコが別格の美味しさだったことは鮮明に記憶してます。
工藤静香さんがCMやってたのも懐かしいですね。

しばらく姿を見せなかったV.I.Pチョコも、ここ数年は、期間限定で発売されてます。
2006年版ミルクビター
2007年版ミルクビター
今年は初の「ジャンドゥーヤ」が登場です。

mi
独特のパッケージデザインも高級感でてますね。
中には個包装で7本入り。
 
「V.I.P ミルク」
生クリームをたっぷり練りこんだミルクチョコレート。
lk
これですよこれ!
ゆっくりと口の中に広がる幸福感。。。まさにV.I.P

コクがあってクリーミー。
なめらかなくちどけには感動さえ覚えます。

「V.I.P ジャンドゥーヤ」
生クリームとナッツペーストをたっぷり練りこんであります。
gi
こちらもたまりません。
クリーミーな味わいはもちろんのこと、ナッツの豊かな香りに吸い込まれそうです。
贅沢の極みですね。

今でこそ、プレミアムタイプのミルクチョコは多々ありますが、それでもこのV.I.Pチョコレートは独特の存在感がありますね。
元祖プレミアムチョコレートは、時代が変わっても名作です。


種類別名称:チョコレート
内容量:各70g(7本入)
エネルギー:399kcal(ミルク)
        406kcal(ジャンドゥーヤ)
価格:各210円(ローソン)

【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives