2006年12月

ビター エキストラシン スモール (リンツ)

4be3e590.jpgいよいよ今年も最後ですね。
今年を締めくくるチョコは、大好きなリンツにしました。
『エキストラシン』は、厚さ約1.5ミリの極薄チョコレート。
このシリーズは数種類あってどれも絶品でしたが、ビターは今回初めて食べます。

シン口に入れると、舌を少し動かしただけでパリパリッと割れ、スーっと溶けていきます。
カカオの風味が漂いますが、苦みはほとんどなくビター感は弱いです。

甘みがすごく上品。この絶妙な甘さ加減がスイスチョコらしい優しいビター感を楽しませてくれます。

薄さからくる極上のくちどけは感動もの。
さすが名門リンツ。


内容量:40g ・ 277円(輸入食品店)


今年一年間訪問していただいた皆様。ありがとうございました☆
来年もよろしくおねがいいたします。

キットカット 冬の味わい苺 (ネスレ)

d6a1c1b5.jpgまたまたキットカットの新作の登場です
今年は新作が山ほど登場して、例年以上にキットカットの勢いを感じた年でした

さて今回のは『冬の味わい苺』ということなんですが、最近苺チョコの新作が溢れていて苺にあまり新鮮味を感じなかったのですが、キットカットの新作ともなれば試さずにはいられません

キットカットいちご淡いピンクの色が鮮やかで、見るからにまろやかな雰囲気なんですが、
食べてみると、外側の苺チョコからは甘くて優しい苺の風味が広がり、中の苺クリームからは甘酸っぱさが広がります

つい先月「なめらか苺」というのが発売されたんですが、そちらは苺の風味は控えめでチョコのくちどけを楽しむといった感じでしたが、それに比べるとこちらは苺の風味がしっかりしてて、苺の甘酸っぱさを楽しむといった、それぞれの特徴を感じました☆

全体的に甘めですが、ウエハースのサクサク感との相性もよく美味しかったです


内容量:43g(2袋入) ・ 120円(ローソン) 

トリュフチョコレート オレンジ (ヴァンドーム)

977ad9c0.jpgフランスのヴァンドーム社の「トリュフチョコレート オレンジ」です。
このトリュフチョコレートは数種類あったのですが、オレンジ系のチョコに目がないので迷わずこちらを選びました。

ほんのりビターなトリュフのなかにたっぷりとオレンジピールが含まれています☆
オレンジの爽やかな香りが広がり、口の中に入れるとカカオのほろ苦い風味とオレンジの香りが見事に混ざり合います。
ヴァンドーム形はゴツゴツとしてますが、くちどけはとても繊細でなめらか〜に溶けます。
これでもかというくらいオレンジピールが入ってて、なめらかなくちどけと共に少し固めの歯ごたえが何度も登場するのですが、この食感もなかなか好きです。

こちら250gとたくさん入ってるので、食べても食べてもまだ残っててかなり食べ応えのある商品です。
つい食べすぎてしまいそうな、クセになるチョコレートでした☆


内容量:250g ・ 597円(輸入食品店)


和なまちょこ きなこ (ブルボン)

f0a158a7.jpgブルボンから和風なチョコがでました
きな粉を生チョコにした一風変わったチョコレートです

中を見てみると、チョコにたっぷりときな粉がかかっててまずチョコには見えません。
まるでわらび餅のようです☆
フォークが付いてるのも雰囲気がでていいですね

きなこ口に入れると、最初は生チョコの割には固めだな〜という印象ですが、溶け始めるととってもなめらかなくちどけが楽しめます
きな粉の味はあまり主張しすぎず自然に香る程度で、甘すぎずあっさりしているので食べやすいですが、表面のきな粉がぽろぽろと落ちるので周りを汚さないように注意しましょう

食べてから気づいたのですが、箱にアルコール分1.6%と表示がありました。
全く気づかないほどアルコールは弱めなのでお酒の苦手な方でも大丈夫だと思います
和ならではの独特の風味でとても新鮮なチョコでした


内容量:51g(12粒) ・ 263円(ローソン)

抹茶しょこら

51f2166d.jpg先日京都へ行ったときにキヨスクで買った『抹茶しょこら』です。
フランス屋製菓というところが作っていて、他にもストロベリー、ホワイトなど6種類ありました。

抹茶の渋みは思ったより控えめですが、風味がとても良く優しい抹茶味が楽しめます。
少し固めながら、溶けていくととってもまろやかで、この優しいくちどけはくせになる美味しさです!
一袋にたくさん入ってるんですが一気に食べれてしまいます。


京都内容量:85g ・ 320円(キヨスク)
【チョコレート検索】

Categories














伊勢丹オンラインストア

三越オンラインストア


Profile
Recent Comments
Archives