ザ・チョコレート メキシコ ホワイトカカオダーク (明治)

DSC_6278-1
バレンタイン期間中、数量限定で販売された
「明治 ザ・チョコレート メキシコ ホワイトカカオダーク」

昨年より登場した限定商品で、希少なカカオを使い製造量も少なかったため、昨年は早々に売り切れ話題になったのも記憶に新しいです。

関連記事:ザ・チョコレート メキシコ ホワイトカカオ/2017年



続きを読む

ロス リオス 72% (PACARI)

DSC_5652-1
2002年創業、エクアドル発のプレミアムチョコレート「PACARI/パカリ」

カカオの収穫から、製品としてのチョコレートになるまで、すべてを現地で行い、可能な限りカカオ豆を移動させずに加工することで豆の品質を保持し、高品質なチョコレートを生み出しています。

”Pacari”とは、地元の言葉(ケチュア語)で「自然」を意味し、カカオをはじめとする素材はオーガニックにこだわっています。
(アメリカのUSDA ORGANIC認証と、ヨーロッパのBIO認証を取得)


続きを読む

ブラウンバター ウィズ ニブス アンド シーソルト (ディック・テイラー クラフトチョコレート)

DSC_5755-1
元家具職人のアダム・ディックとダスティン・テイラーによって2010年に設立された、アメリカ発のビーントゥーバーチョコレートブランド
「Dick Taylor Craft Chocolate/ディック・テイラー クラフトチョコレート」

シングルオリジンの印象が強かったブランドですが、今回出会ったのは、ブレンド&トッピングのユニークな1枚です。


続きを読む

モレニータ (ボナ)

DSC_5812-1
1884年創業、フランスでも数少ないカカオ豆からチョコレート作りを手がける老舗「BONNAT/ボナ」

6代目のステファン・ボナ氏はカカオへの造詣も深く、一年の内半年ほどはカカオ生産国へ足を運び、生産者との関係を築き、発酵や乾燥をはじめ、品質向上における取り組みをされています。

ボナのタブレットは、シングルオリジンだけでも26種類。フレーバーものも含めると56種類ものラインナップがあります。

今回は新作の”ダークミルク”を選びました。

続きを読む

サブリム ルビー ( キットカット ショコラトリー)

DSC_5753-1
2017年9月、新しいジャンルのチョコレート、「ルビーチョコレート」が発表され話題になりました。

新登場の「ルビー」は、「ダーク」「ミルク」「ホワイト」の3種のチョコレートに次ぐ第4のチョコレート。
(ヴァローナの”ブロンドチョコレート”は?とのツッコミは一旦置いておきましょう)

スイスのチョコレートメーカーである「バリー・カレボー」が10年以上の歳月をかけ開発。
そのルビーを使用し、「ネスレ」がキットカットで世界初の商品化。
日本と韓国でのみ独占販売をしているため、現状このルビーチョコレートを味わえるのは世界で日本と韓国のみになります。

続きを読む
【チョコレート検索】

Categories
プロフィール




22549902_154043938533228_6280919266420824740_n

京都のBean to Barチョコレートショップ「BENCINY」にて製造を担当しております。
営業日:金・土・日・月曜
営業時間:12時〜17時

第2、第4土曜日は、私もお店で販売させていただきます。
チョコレート好きな皆様、お待ちしております。











Recent Comments
Archives